パチンコビスタ編集部奮闘記
パブログ
2011年01月27日
トリビー『残機尽きるまで私は戦う』ゲーム性&演出紹介
シューティングは超ニガテ
皆さんこんにちは、編集部DNです

昨日ひっそりと機種コメントが追加されたトリビーの『残機尽きるまで私は戦う
取材で大分ゲーム性が明らかになってきたので
演出と交えて簡単にご紹介して行きましょう

演出の前にまずは主人公の娘っこから
ちなみにCVは某ボーカロイドでお馴染み藤田咲さん


演出や台詞(中々荒っぽい性格らしく「死なす」「このデカブツが」などステキ台詞が満載)から察するに
滅ぼされた母星の復讐のために1人立ち向かうとかそんな感じのストーリーらしいです
資料を見渡しても詳細なストーリーやこの娘の名前の記載はナシ
取材の時に聞いておけばよかった

でも何故か愛機にはしっかり名前が付いてるのがトリビークオリティ


ここからゲーム性
通常時の演出はシューティング風味




ステージは複数あり内部状態を示唆しています
砂漠や空なら高確の期待大
成層圏なら…


そしてボスが登場すればボーナスチャンス


撃墜されてもコンティニュー画面へ移行
何がどうなればいいかは言わずもがな


コンティニュー成功で復活&ボーナス確定!


ボーナスは全4種類を搭載していますが純増枚数には変化ナシ
異なるのはARTの初期ナビ回数で
異色:10〜20回
青同色:20〜30回
赤同色:40〜100回
となっています

ボーナス中には2択ゲームも発生し
正解するほどナビ回数上乗せ!
ちなみにベルナビ(ボーナス成立時の内部状況で回数が変化)が発生することも


ボーナス後は必ず待機状態を経てARTがスタート
突入時のタイトルロゴ風演出がいい感じ


ART中はレア小役によるナビ回数上乗せや


ボーナスorハズレによる残機上乗せのチャンス


さて、ここでしれっと出てきた聞きなれない「残機」なる単語
こいつはどういう意味なのかと言いますと
ART終了後に移行する「リベンジZONE」からのARTループに密接な関わりがあります


リベンジZONEは4〜32ゲーム(リプレイ成立ゲームを除く)継続し
ボスを打ち落とせばART復帰となるチャンスゾーン
ボスに撃墜されると終了なのですが
残機が残っていればストックを消費しリベンジZONEが継続するという仕組み
ここでゲーム性と機種名が見事に繋がる訳ですな
ちなみに残機1体あたりのART期待度は50%ほどになっているようです

(C)TRIVY
Posted at 2011/01/27 12:23:31

この記事の関連情報

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
http://www.pachinkovista.com/SNS/index.php?module=trackback&action=trackback&blog_id=21791
コメント
コメントの登録はありません
201809月      <<   今月   >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
プロフィール
パチンコビスタ編集部
パチンコビスタ編集部
(最終ログインは3日以上前)
MYカテゴリ
パラ友
グループ
リンク
登録されていません。