ビスタタイムズTOP / 展示会レポート / 展示会詳細
  展示会詳細
ベルコ『紅き魂は桜の如く』プレス発表会
ヤンキーの世界観をシリアス&コミカルに描いた人気シリーズ第二弾!
 2017年7月21日、ベルコ株式会社は、東京・台東区の同社ショールームにて、パチスロ新機種『紅き魂は桜の如く』のプレス発表会を開催した。本機は、「鬼浜」のNDAを受け継ぎ進化したヤンキーシリーズ第二弾で、業界初の新システム「ストックアップコンボ」と、新感覚上乗せシステム「突ナビ」の2種類の上乗せ特化ゾーンが搭載された注目の一台だ!
破壊力抜群の最強上乗せ特化ゾーン参上!
始めに、ベルコ株式会社統括本部長・神農勝進氏が登壇。「本機は鬼浜シリーズの単なるスピンオフ作品ではなく、新たな中核コンテンツとして長期稼働出来る商品をコンセプトに開発した。来年2月には規則改正が行われ、5号機から6号機へ移行する激動の時代を迎える。弊社としての、最後の5.5号機となる本機は、まさにこの激動の時代を乗り越える、有力な5.5号機の一つになり得る!」と、自信をのぞかせた。
ハード面では、桜吹雪をイメージした新筐体「KURENAI」を採用。上部に搭載されたロゴギミックとシャッターギミックは、あらゆる場面で期待感を演出し、サブウーファーの重低音は演出の臨場感を盛り上げる。

スペックは、ゲーム数上乗せに特化した”ボーナス+ART機”で、BIGボーナスは純増192枚(通常時のART当選期待度50%)、ART「紅RUSH」は1セット50ゲーム、純増約2.0枚。主なART当選契機は、「タイマンチャンス」経由の自力チャンスゾーン「昇華乱舞」突入からの当選と、BIGボーナスからの2つとなっている。タイマンチャンスは「昇華乱舞」突入のほか、ART直撃も抽選している。昇華乱舞は、基本10ゲームで構成されたSTタイプの自力CZで、中段リプレイ成立で再度10ゲームセットされる。また、ベル・チャンス役では桜ランプを獲得し、CZ終了時に獲得ポイントに応じてARTを抽選する。

注目の上乗せゾーンの一つ「特攻殲滅モード」は、ストックアップコンボの軸となる上乗せモードで、突入率は約1/150。モード中は、BARが揃えば「上乗せ札」獲得となり(チャンス役でも獲得を抽選!?)、札の種類(全6種類)によって最低10G〜???G上乗せされる。さらに、ストックした上乗せ札を格上げする「フルボッコターボ」は、ベル成立で格上げのチャンス! 開始5ゲーム間は必ずベルが成立し、6ゲーム以降はハズレ or ボーナスが成立するまで継続する。「支部長タイマンバトル」も同じく5ゲーム継続し、その平均上乗せゲーム数は100G。その他、新感覚の連鎖上乗せモード「突ナビ」、特攻殲滅の上位モードにあたる「紅ターボ」、ロングフリーズから突入する本機最強の上乗せ特化ゾーン「双花繚乱」など、様々な上乗せゾーンが搭載されている。


ホール導入は9月19日を予定。

BELLCO/(C)SYSCOM
◇ トラックバック ◇
トラックバックURL
http://www.pachinkovista.com/trackback/?news_id=201707241736247n


◇ 関連機種情報 ◇
     紅き魂は桜の如く   
>>一覧に戻る