ビスタタイムズTOP / 展示会レポート / 展示会詳細
  展示会詳細
高尾『CR一騎当千サバイバルソルジャー』プレス説明会
ハイクオリティを追求した人気美少女シリーズの最新作が登場!
 2018年2月27日、株式会社高尾は同社東京支店ショールームにて、パチンコ新機種『CR一騎当千サバイバルソルジャー』のプレス説明会を開催した。2010年に登場して以来、好評を博している「CR一騎当千シリーズ」の3作目となる本機は、≪インパクト・演出ボリューム・美麗3D映像≫すべてが”Sランク”の仕上がりとなっている。
遊技者目線にこだわって作り込まれた「覇王スペック」
 新機種のプロモーション映像、実機でのアンペール映像の上映に続き、同社営業戦略部広報宣伝室・徳永 沙織氏よる機種解説が行われた。シリーズ3作目となる本機は、アニメ最新作『一騎当千 Extravaganza Epoch』のキャラクターとストーリーが新たに加わり、通常時は42名のキャラクターが登場する2D映像を楽しめる。大当りすれば、躍動感あふれる3D映像で思う存分「一騎当千」の世界観を堪能できるぞ。

 演出ボリュームも、ただ数が多いだけではなく、原作で熱いバトルが繰り広げられるとキャラクターの服が破れていくのと同様、疑似連などのチャンス演出発生時には図柄キャラの服が破れていくなど、細部に拘った作り込みがされている。
 また、RTC機能によりキャラの衣装が季節に応じて変化! 導入直後の4月は巫女さんのコスプレ、5月以降はまた別の衣装へとチェンジするので、年間を通して楽しめる。さらには、その日の大当り回数によっても衣装が変わったり、キャラクターが追加されるなど、遊技者が実機を育てていくような魅力的なやり込み要素も用意されている。

 盤面領域を最大限に活用した、17インチ&7インチ液晶と役物も必見! チャンスや大当りで現れるインパクト抜群の「一騎当千」役物は、”当”の文字だけが現れて突然大当りとなるほか、”千”をカタカナの”チ”に見立てて「一かバチか」と表現した、運を天に任せて勝負する(!?)演出も搭載されている。

 スペックは、通常時の大当り確率1/319.9(Vアタッカー非搭載)のミドルスペックで、ST継続率は約65%(確変比率82% × ST中引き戻し率約79.2%)。通常大当り後は100回転の時短に突入し、時短での引き戻し率は約27.88%となっている。

ホール導入は4月2日予定だ。

(C)2014塩崎雄二・少年画報社/一騎当千EEパートナーズ
◇ トラックバック ◇
トラックバックURL
http://www.pachinkovista.com/trackback/?news_id=201802280901007n


◇ 関連機種情報 ◇
     ぱちんこCR一騎当千サバイバルソルジャー   
>>一覧に戻る