オリンピア エースをねらえ!
エースをねらえ!
(C)山本鈴美香
役構成
BIG BONUS
350枚を超える払い出しで終了
REGULAR BONUS
60枚を超える払い出しで終了
10枚
5枚
2BET10枚/3BET1枚
1枚
ボーナス中のみ10枚
REPLAY
REPLAY
REPLAY
REPLAY
REPLAY
REPLAY
REPLAY
REPLAY
設定 BIG確率 REG確率 機械割
1 - - -
2 - - -
3 - - -
4 - - -
5 - - -
6 - - -
※メーカー未発表
和歌山県公安委員会検定通過状況(2009年01月08日付)
オリンピア/2010年4月導入開始/設置期限2012年1月/5号機/RT/3枚がけ専用機/4ライン
  ボーナスとARTのループでトップクラスの瞬発力を実現!!
  機種コメント
1970年代に一大テニスブームを巻き起こしたスポ魂漫画「エースをねらえ!」がパチスロとなって登場した。本機はいわゆるナビストックタイプのART機で、BIG(純増約252枚)およびREG(同56枚)後に移行する「宗方CHANCE」中に特殊リプレイを入賞させることでARTが発動する。ARTは「特訓TIME」と「猛特訓TIME」の2種類が存在し、前者は1セット20ゲーム継続、後者なら次回ボーナスまで継続。いずれも1ゲームあたりの見込み増加枚数は約1.0枚だ。ナビストック獲得のチャンスはBIG中にあり、A絵柄が揃えばナビストック確定、さらに3回以上揃えば猛特訓TIME確定となる。また、BIG中にフリーズが発生すれば、その時点で猛特訓TIME確定だ。演出面での最大の見所は『めぞん一刻』や『キャッツ・アイ』で好評を博した「ストーリー演出」で、原作を忠実に再現した同演出でボーナスを引くたびに物語が順を追って進行していくぞ。
  通常時の打ち方
左リール枠内に18番のチェリーを狙う
もっと見る

  機種レビュー
  はまち
 
ART継続ゲーム数が20ゲームしかないとはいえ、『キャッツ・アイ』や『南国育ち』よりボーナス確率が高くて遊びやすそうなのは好印象。そのくせ無限ART(猛特訓タイム)も搭載されていて、爆発力も秘めてるし。BIG中が楽しい機種が好きな自分のツボも押さえられてるし、ホールに登場するのが待ち遠しいですな。ただ惜しむべきは、なぜ押し順ARTにしなかったのかと。万人向けの仕様にした方が絶対人気出ると思うのだが…。
オススメランク:
  池谷聡
 
ボーナス絵柄がA(エース)で『エースをねらえ!』とは巧いこと言いますなあ。絵柄の「岡!」も良い意味で馬鹿っぽくて好きです。ただ、暑苦しくも少女漫画な絵もウリだった作品だと思うので、ポリゴンキャラはナシでアニメや原作の絵オンリーでも良かったじゃないでしょうか。ちょっともったいない気がしますね。スペック的には上乗せアリアリのARTということで大好物。ただ、引いちゃいけない時に限ってボーナスを引くのが得意な私からすると、BIG中のA3回揃いは次回までARTではなく、ARTナビ大量ストック確定の方が嬉しかったですね。
オススメランク:
  ユーザー広場
2010/12/18 18:13:28 エースをねらえ! [こぎお]
2010/12/18 18:11:47 エースをねらえ! [こぎお]
2010/10/24 16:23:35 エースをねらえ! [こぎお]
2010/10/24 16:22:00 エースをねらえ! [こぎお]
       
       
  QRコード