ビスタタイムズTOP / 展示会レポート / 展示会詳細
  展示会詳細
銀座『パチスロ ザ・ブルーハーツ』プレス発表会
終わらないARTを掴もう! 明日には笑えるように
 2008年7月14日、株式会社銀座および株式会社銀座販売は東京・池袋のアカデミーホールにて、新機種『パチスロ ザ・ブルーハーツ』のプレス発表会を開催した。本機はその名の通り、伝説のロックバンド「ザ・ブルーハーツ」とのタイアップ機。同グループは1995年に解散しているが、現在でもドラマや映画、CMにて楽曲が使用されており、依然幅広い世代から支持を得ているバンドだ。彼らに影響を受けたミュージシャンも少なくない。そんな音楽界に多大な影響を与えた彼らの機種だけに、今度はパチスロ界に革命を起こしてくれることが期待される。
音楽界の常識をぶち破った「ザ・ブルーハーツ」が今度はパチスロ界の常識をぶち破る!
 猛暑日の中で行なわれた発表会だったが、注目機種ということで開場前から多くの報道関係者が詰め寄せた。入場が始まるとすぐに用意された席は埋まり、炎天下の屋外に負けないほどの熱気が会場内に漂っていた。

 代表曲「リンダリンダ」と共に、発表会はスタート。まず、株式会社銀座代表取締役社長・伊藤二博氏が挨拶の中で本機が完成するまでの経緯と魅力を伝えた。続いて、株式会社銀座販売代表取締役社長・田村政雄氏が本機に「5号機市場に大きな影響を与える機種」「『リングにかけろ1』を超えるヒット作になる」と大きな期待を寄せていることを語った。次に同社副社長に就任したばかりの熊谷俊己氏が「業界全体が厳しい状況の中、喜ばれる機械を作ることが使命」「エンターテインメント企業として感動と楽しみを与えたい」と意気込みを熱く語った。その後、本機のPVが放映され、同社業部部長・中野敏行氏が製品コンセプトと本機開発の意図を説明。「目押し不要のATで市場拡大に貢献した『アラジンA』的役割を期待している」とのことだ。

 そしていよいよベールが外され、注目の新機種のお披露目。実機を使った機種説明が行なわれ、ポテンシャルの高さが窺えた。その後、フォトセッションを経て試打会に移行。試打コーナーには、新機種の出来を見ようと来場者が殺到し、終始、会場は賑わいを見せた。
会場には伝説のロックバンド「ザ・ブルーハーツ」が持つパワーが伝わってくるド迫力の立て看板が設置されていた。また、受付の女の子の躯にはロゴマーク型のタトゥーが! そのセクシーさに皆の視線が集まっていた。
左から株式会社銀座代表取締役社長・伊藤二博氏、株式会社銀座販売代表取締役社長・田村政雄氏、株式会社銀座販売取締役副社長・熊谷俊己氏、株式会社銀座販売 営業部部長・中野敏行氏。4者全員から新機種に対する期待の大きさが窺い知れた。
新機種の前で株式会社銀座と株式会社銀座販売の両社長ががっちりと握手。開発段階から協力し合って完成しただけに、両者の表情は自信に満ち溢れていた。
どこかの爆弾より目の前の新機種の方がふるえる程大事件さ!
 ではここからは新機種の具体的なゲーム性についてお伝えしていこう。本機のボーナスは純増約270枚のBIG、同約72枚のREGのみで、いずれも終了後は「アンコールタイム」と呼ばれるチャンスゾーンに移行する。ここでベルリプレイ(リプレイ・リプレイ・ベル)よりも先にスイカリプレイ(リプレイ・リプレイ・スイカ)を引き当てればART「ブルーハーツタイム」に移行する仕組みだ。ARTの純増枚数は1ゲームあたり1.2枚で、1セット36ゲーム継続。ラスト2ゲームからはバトル演出が始まり、勝利すればART継続、負けた場合は再度「アンコールタイム」に移行する。ループ率は66%、75%、90%、無限(次回ボーナスまで)の4種類が用意されており、一撃のポテンシャルは非常に高いと言えるだろう。なお、本機はARTナビストックを採用しており、BIG中に7絵柄が揃った場合はストック確定。BARがダブルラインで揃った場合は無限ARTが確定するようだ。
通常時のステージは教室と路上の2種類。ヒロトとマーシーがバイクで疾走する「カズミ救出モード」に移行すればチャンスアップだ。
こちらは名曲の歌詞が大きく映し出される「カットイン演出」。注目すべきは文字の色で、青→緑→黄の順に信頼度がアップする。赤文字なら超激アツ!?
連続演出はザ・ブルーハーツの楽曲をモチーフにしたものが数多く用意されており、プレイヤーを飽きさせない。「マーシーVSデビルヤッカム演出」「ヒロトVSハラペーニョ演出」に発展すればハイチャンスだ。
BIG中にチャンス音が鳴ったらARTナビストックのチャンス。ボーナス絵柄かBARを狙って揃えばストック確定となる。また、ボーナス中にリールがフリーズし、ザ・ブルーハーツのロゴマークが映し出されれば大チャンス到来。BARがダブルラインで揃えば無限ART確定だ。
ARTナビストックが1つ以上あれば、ボーナス後の「アンコールタイム」で押し順ナビが発生し、ART突入をアシストしてくれる。ART中は最大14曲の中から好きな曲を選んで楽しむことが可能で、消化は押し順ナビに従うだけのビギナーに優しい仕様だ。
◇ トラックバック ◇
トラックバックURL
https://www.pachinkovista.com/trackback/?news_id=200807141740187n


◇ 関連機種情報 ◇
     パチスロ ザ・ブルーハーツ   
>>一覧に戻る