ビスタタイムズTOP / メディアレポート / メディアレポート詳細
   メディアレポート詳細
パチンコAWARD2013 MIP受賞記念インタビュー タイヨーエレック『CR火曜サスペンス劇場』
『CR火曜サスペンス劇場』開発の真相を徹底的に捜査せよ!
 パチンコ・パチスロAWARD2013は昨年に続いての4メディア合同開催となり、年度代表機種にあたるMVP機種に加え各メディアが独自色溢れるMIP機種を選定した。そして当パチンコビスタ編集部はタイヨーエレック株式会社の『CR火曜サスペンス劇場』をパチンコMIPに選定。同社営業企画課・坂本恭子氏と、『CR火曜サスペンス劇場』開発チームの皆様に直撃インタビューを敢行した。
シリアスとコミカルの絶妙な配分は俳優陣の熱演あってこそ!
パチンコビスタ編集部(以下ビスタ):さて、それでは『CR火曜サスペンス劇場』(以下「CR火サス」)についていくつかお話を伺っていきたいと思います。まずそもそも、なぜ「火曜サスペンス劇場」というドラマを題材にしたのでしょうか?

『CR火曜サスペンス劇場』開発チーム(以下開発):年代の差こそありますが認知度が高い版権ということがまず1つ。後はオープニングの音楽など、皆さんの印象に残るキャッチーな要素が多いというのもあります。
タイヨーエレック株式会社営業企画課・坂本恭子氏と、『CR火曜サスペンス劇場』開発チームの皆様に記念トロフィーを贈呈。インタビューにて「火曜サスペンス劇場」のパチンコ化という「事件」の真相を暴け!
ビスタ:数あるシリーズの中で「小京都ミステリーシリーズ」が選ばれた理由は?

開発:船越英一郎さんと片平なぎささんが共演している唯一のシリーズというのが大きな要因でしょうか。「この2人が出ていれば間違いないだろう」と言えるメジャー感・王道感があって。
ビスタ:確かに広く知られている版権ではありますが、サスペンスドラマのパチンコ化というのは前例がないことでした。それについて不安はありませんでしたか? 開発が決まった段階である程度演出のイメージが沸いたりしたのでしょうか?

開発:未開拓のジャンルなので「どうしよう?」と同時に「逆にチャンスではないか」という考えがありましたね。演出については何となく「最後は崖に行って説得なんだろうな」と浮かびました(笑)。後はそれをベースにどう盛り上げて行こうかな、という感じで。

ビスタ:やはり行き着くところはそこですよね(笑)。

開発:それとメインターゲットが中高年プレイヤーなので、わかりやすい目的を置いた方がいいのかなと考え「崖」を推していきました。なので「火サスは崖アツ。」のキャッチコピーはすぐに決まりましたね。とにかくわかりやすさを優先しました。ベタの追求というか。
坂本氏の元には発表直後から「一体どんなパチンコ?」との問い合わせが殺到したという、「サスペンスパチンコ」のインパクトの強さを物語るエピソードも。中には「やっぱり崖は出るのか?」と核心を突いた問い合わせもあったとか。
ビスタ:メインターゲットは中高年層とのことですが、昨今ではかなり珍しいシンプルなスペックというのもそれを意識した結果なのでしょうか?

開発:スペックについては最初から「王道ミドルで行こう」と決まっていました。ただ16ラウンド確変については市場の傾向を鑑みて後から追加されました。また、時短回数の少ないタイプも開発しましたが、100回転の時短がセールスポイントになると考えて現状のスペックに落ち着きました。

ビスタ:大当たりすれば必ず安定した出玉を獲得でき、さらに100回転の時短もついてくるというスペックはプレイヤー目線で考えると嬉しいところですね。安心して打てますし。ただ現状ではこういったスペックを打ちたいと思った場合、選択肢はかなり狭いものになってしまっていますが…。

開発:そういった部分を狙ってはいたのですが、予想以上に市場に受け入れられました。正直、そこまでの反応があるとは思っていませんでしたね。
ビスタ:やはり潜在的なニーズはかなりあったということなのかもしれませんね。さて、続いて伺いたいのは盤面や役モノのデザインについてです。この点でこだわった部分やお気に入りの部分はありますか?

開発:盤面はかなり作り直したのですが、今見ると古臭いというかノスタルジックな感じが漂っているな、と(笑)。でもこの作品には合っているような気もします。直すのであれば、現在主流の15インチサイズに液晶を大きくしたいですね。「CR火サス」は画を見せる台だと思っているので。船越さんと片平さんについては先ほども少し話しましたが、この2人がいるだけで王道感・メジャー感が出るので、盤面に顔は載せようということで開発が進められました。

開発:そして役モノですが、モチーフが少ないので苦労しました。メインの役モノは時計をモチーフとしていますが、時計の針がドラマのクライマックスシーンに差し掛かる10時40分を示している点に注目して下さい。ちなみに針が回るアクションも考えていたのですが、分かり辛いということで現在の割れる仕様になりました。下から飛び出す「事件解決」の役モノは一番最後に付けられたもので、その前は薔薇の花束が飛び出すようになっていました。
時計を模った役モノのアクション「サスペンスショック」は、「CR火サス」の代名詞「崖リーチ」への発展など激アツの瞬間を演出してくれる。時計の針がドラマのクライマックスシーンを迎える時間に対応している芸の細かさに注目だ。
ビスタ:ば、薔薇ですか? ドラマとの関連はないですよね?

開発:「ターゲット層の方々が好きそうなものを盤面に散りばめよう」ということだったのですが、ちょっと使いあぐねてしまいまして「事件解決」役モノに変えました(笑)。「事件解決」の役モノは擬似連の時に「事件」の部分だけが飛び出して、大当たり時に「事件解決」の全てが飛び出すという使い方をしているのですが、この時の2D映像が実写の中でも浮かないよう随分模索しました。この演出は、動きのある擬似連が流行り出したことから、後になって変更した点です。

ビスタ:あの擬似連アクションは「CR火サス」の中でも好きな演出なので裏話を聞けて嬉しいです(笑)。さて、いよいよ演出面でのお話に移りたいと思います。「CR火サス」は全編撮り下ろし映像となっていますが、撮影時にはやはり色々と苦労があったのではないでしょうか?
タイヨーエレックの激アツ柄としてお馴染み、「ピンク豹柄」のバリエーションの1つであるピンク豹柄のジャケット。このシーン撮影の影には意外なエピソードが…?
開発:通常のドラマとは違いチャンスアップなどで色々なバリエーションがあるため、撮影では何も持たず、後でアイテムを合成するという方式でしたので演者の方々も苦労されたようです。また、ピンク豹柄のジャケットについては、最初は本物のジャケットを着てもらっていたのですが、通常のジャケットと同じ動きができずチャンスアップが途中でバレてしまうということで最終的に合成になったという裏話があります(笑)。パチンコ的な話ですと実写ゆえに絵替わりせず、予告・リーチの強弱がわかりづらいという問題もあり、これについてはエフェクトや撮り方を工夫することで解決しました。

ビスタ:ピンク豹柄のジャケットはともかく(笑)、実機内の映像でそういった苦労を感じさせないのはさすがプロといった感じですね。ところで「崖アツ」のコンセプトが早い段階で固まっていたということは撮影時には演出の強弱も決まっていたと思われますが、演者の方に「この演出はアツいリーチなので力を入れて欲しい」などお願いすることもあったのですか?
開発:一応伝えてはありますが、全てのシーンにおいて全力で撮影に取り組んで頂いたので差はないと思いますよ。撮影は全体的に順調に進み、特に船越さんはサービス精神旺盛でした。アドリブを入れすぎて尺が合わなかったりもしましたが(笑)。尺と言えば「崖リーチ」も当初は5分くらいの長さがあり、さすがに効率が悪すぎるだろうということで大分カットしました。開発初期は「崖リーチ」に限らずプレイヤーにストーリーなどを伝えようとしすぎて尺が長すぎてしまうことが多かったです。最終的には「そこはパチンコだし、煽りまでがちゃんと演出できていればいいだろう」と割り切って大胆にカットしましたが。

ビスタ:5分バージョンの「崖リーチ」も見てみたかった気がしますが…(笑)。ちなみに映像以外に没になった演出案などはありますか?

開発:主にRTC機能を利用したものになりますが、曜日ごとにステージが変わったり、火曜日だけ「崖リーチ」がハズれない、プレミアムが出やすいなどといったものが挙がりました。

ビスタ:通常時の演出1つとっても様々な案があったと。そういえば確変の「クライマックスモード」中の演出はかなり風変わりになっていますが、どういった意図が?

開発:今の突確モードである「小京都モード」を確変中のモードとしていたのですが、せっかくサスペンスという新ジャンルに挑戦したのでサスペンスバトルをやりたいと思い提案させてもらいました。あのシュールな絵面が面白いのではないかと思いました。加えて小京都モードが余りにほのぼのとしており、「確変らしくない」という意見が出ていた背景もあります。

ビスタ:ぶっちゃけた話になりますが、バトル演出の採用は正解だったと思いますか?

開発:はい。そう思いますね。

ビスタ:それと今シュールと言う言葉が出たので便乗して個人的に気になっていたことをお聞きします。「崖リーチ」がハズれた際に思いっきり犯人の犯行を見逃す主役の2人や、同じく「崖リーチ」中にオーラを纏って出現するチャンスアップの人物、後は先ほど触れたピンク豹柄のジャケットなど、じわじわくるというか妙にシュールなシーンが多い気がします。そういったコミカルさは狙って入れたものなのでしょうか?

開発:「崖リーチ」については狙ってないです(笑)。船越さんがダジャレを言ったりする演技面でのコミカルさについては原作テイスト再現の結果ですが、船越さんのアドリブも入っていたような気がします。
「No68 あなたは知らない世界」は懐かしの心霊番組が元ネタ? 写り込んでいるのは誰なんでしょう?
山村紅葉さんは「No72 何だあれは鯉のぼり」を始め、多数のリクエストに応えてくれたとのこと。
ビスタ:船越さん、とことん全力ですね(笑)。続いてお聞きしたいのは、こちらはさすがに狙ったものであろう「リボンプレミアム」についてです。いずれも相当はっちゃけてますが(笑)、何かお気に入りのものなどはありますか?

開発:心霊写真が写っており「おわかりいただけただろうか?」というものと、鯉のぼりやジュリアナなど、紅葉さん絡みのものですね。紅葉さんについてはネタをやって頂いたこと自体がお気に入りというか(笑)。プレイヤーから評価が高かったのは、船越さんが語りかける復活演出です。プレミアム=16ラウンド確変確定なのは16ラウンド確変自体が追加要素なので後付けではあるのですが、「プレミアムなんだから出玉は多くないと」ということで。
ビスタ:確かにプレミアムが出たのに通常大当たりとなってしまうと喜びも半減してしまいますからね。

開発:実は16ラウンド確変当選時に必ずプレミアムが出現するという、パチンコ的にかなり大きなチャレンジをしています。もちろんリスクもあるのですが「せっかく色々作ったのだから全部見て頂きたい」という気持ちがあって。後はプレミアムが出たタイミングで絵柄が揃うというのもこだわったポイントですね。
ビスタ:それは個人的に相当嬉しいこだわりです。プレミアムが出たのに長いリーチに発展したりすると「わかったからはよ当たれ!」と思ってしまうので(笑)。他にプレミアムにまつわる裏話などは?

開発:これは初公開になるのですが、待機画面中に紫色の「GETボタン」を長押ししすると、全ての「リボンプレミアム」を閲覧することができますので、是非試してみて下さい。それとイジリーさんの高速ペロペロについては、過激になりすぎないように2ペロ(2回)までという縛りがありました(笑)。

ビスタ:オチがこれでいいのかという感じはしますが(笑)、ここでインタビューを締めくくりたいと思います。それでは最後にプレイヤーの皆様に向けて一言頂けますでしょうか。
「No71 タクシー運転手イジリー」発生の際は、舌の動きを入念にチェックすべし!
開発:プレイヤーの皆様に楽しんで頂ける魅力ある製品を作っていきたいと思います。今年もタイヨーエレックをよろしくお願い申し上げます。

ビスタ:それでは本日はお忙しい中お時間を頂き、本当にありがとうございました。

(C)NTV(C)大映テレビ(C)ホリプロ(C)東宝芸能(C)山村美紗オフィス(C)TAIYO ELEC
>>メディアレポート一覧  

リンク>>  タイヨーエレック・オフィシャルサイト Check
◇ トラックバック ◇
トラックバックURL
https://www.pachinkovista.com/trackback/?news_id=201401171048370n


◇ 関連機種情報 ◇
     CR火曜サスペンス劇場