ビスタタイムズTOP / メディアレポート / メディアレポート詳細
   メディアレポート詳細
マルホン工業『CRゼブラーマン ゼブラシティの逆襲V1』新演出紹介
激しい戦いを勝ち抜くため、新たなる力をその手に収めろ!
 2014年10月21日、マルホン工業より『CRゼブラーマン ゼブラシティの逆襲V1』が登場した。VタイプSTへの転身によりパワフルさを増したスペックが注目を集めている本機だが、演出面においても新たな見所がたっぷりと用意されている。ここでは新演出だけでなく、メインスペックから変化した演出にもスポットを当てて解説。万全の態勢を整え、来たるべき戦いに備えてほしい。
チャンス到来を知らせる先読み演出がさらに豊富に!
 今作での新演出は通常時の先読み演出と、仕様の変化に伴う大当たり&ST突入に絡んだものが多い。まず通常時においては、「同色図柄先読み予告」「白熱ゾーン」「ゼブラタイマー準備中背景」「ゼブラタイマーZONE」と先読み演出のバリエーションが一気に増加。特にゼブラタイマーZONEは「5大激アツゼブラ演出」改め「6大激アツゼブラ演出」の一員になっており、激アツ演出の代表例として扱われるなど重要な位置付けだ。

 続いて大当たり&ST関連だが、全てが出玉アリとなった大当たりの構成に加え、確変突入には欠かせない「逆襲ラウンド」獲得の鍵を握るラウンド中の演出も一新されている。逆襲ラウンド獲得が確定するのが「逆襲ボーナス」と「チャージボーナス」で、「ゼブラチャレンジボーナス」中はチャレンジ演出成功で逆襲ラウンドを獲得。チャレンジ演出は「ゼブラポリス連打」<「逆襲スロット」<「索敵ミッション」の順に成功期待度が高くなっていく。また、完全な新演出という訳ではないが、メインスペックではモード移行時専用の演出だった「ゼブラタイムチャレンジ」と、絵柄揃いで大当たりorモード移行を告知していた「逆襲チャンス」にも変化アリ。前者はチャレンジ成功でチャージボーナスに当選、後者は新絵柄の「ZEBRA RUSH」絵柄揃いでチャージボーナスに、「逆襲BONUS」絵柄揃いで逆襲ボーナスに当選と、確変大当たりを告知する特殊ルートになっているぞ。

 最後に最大の見せ場である確変中の演出は、1〜38回転までが「ゼブラフェイス役モノ」による即当たりゾーン→39〜137回転までが「バトルリーチ」による大当たり告知→最後の1回転が「ラストPUSH演出」という3段階構成。メインパートであるバトル演出に見た目上の変化はないが、バトル1回あたりの所要時間が約20秒短縮されている。単独で見れば小さな差だが、連チャンを重ねST滞在が長くなるほどに、出玉速度としてその差を実感できるハズだ。
通常時の絵柄揃い大当たりで、最も頻度が高いのが実質7ラウンド通常or実質8ラウンド確変となる「ゼブラチャレンジボーナス」。ラウンド中のチャレンジ演出成功で「逆襲ラウンド」を獲得できる。
「チャージボーナス」はゼブラタイムチャレンジの成功や、「逆襲スロット」での「ZEBRA RUSH」絵柄揃いから当選。絵柄揃いを伴わない変則的な大当たりだが、4ラウンド分の出玉を獲得できるぞ。
ヘソ入賞からのみ当選する15ラウンド確変「逆襲ボーナス」。直接の3・7絵柄揃い大当たりの他、それ以外の絵柄揃い大当たり&チャージボーナスからの昇格や、「逆襲チャンス」からの当選も。
ST中の連チャンや時短中の引き戻しなど、電チュー入賞時の大当たりは全てが15ラウンド確変「スーパーゼブラボーナス」に。約2000個の出玉を獲得しつつST突入or継続となる。
ハイチャンス先読みゾーンの「白熱ゾーン」に突入すると、かつての「WHITE ZONE」の背景を用いて演出が展開していく。
WHITE ZONEと対になる「BLACK ZONE」は、ゼブラタイマーZONEへの突入を示唆する「ゼブラタイマー準備中背景」へと変化。
「チャンスタイム」(時短)中は柏原ユイに遭遇できれば大当たりという、メインスペックでの「ZEBRA TIME」と同様の演出が展開する。
激アツの「ゼブラフェイス役モノ」の可動をカウントダウンで先読みする「ゼブラタイマーZONE」は、初代における「5大激アツゼブラ演出」と肩を並べる信頼度(約40%)を持つ。今作ではこれらの重要かつ高信頼度の演出群が「6大激アツゼブラ演出」としてカテゴライズされている。
「同色図柄先読み予告」は、3つの絵柄が同色で揃うと発生&継続となるオーソドックスな先読み演出。青<白&紫<赤と、出目を形成する絵柄の種類によって信頼度が変化する。
「逆襲チャンス」の発生タイミングは、リーチハズレ後などこれまで通り。リール上で揃う可能性があるのは「ZEBRA RUSH」or「逆襲BONUS」のみで、どちらの場合も確変大当たりに当選する。
初当たりの多くを占めるゼブラチャレンジボーナス中の演出は、ST突入には不可欠な「逆襲ラウンド」の獲得を告知するV-STタイプならではの演出。「ゼブラポリス連打」(写真左)<「逆襲スロット」(写真中央)<「索敵ミッション」(写真右)の順で成功期待度が高くなっていく。

(C)2010「ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲」製作委員会
>>メディアレポート一覧  

リンク>>  マルホン工業・オフィシャルサイト Check
◇ トラックバック ◇
トラックバックURL
https://www.pachinkovista.com/trackback/?news_id=201410081127490n


◇ 関連機種情報 ◇
     CRゼブラーマン ゼブラシティの逆襲