クロスアルファ 恐怖新聞
通常時の演出
spacer 通常画面
spacer 念写演出
spacer
spacer
演出の発展パターンは通常画面における霊の有無によって変化する。霊がいない状態なら念写演出から発展することが多く、それ以外のパターンで発展すればボーナス信頼度アップとなるぞ。念写演出は写真に映し出されたもので小役をナビしたり発展先を告知する。
spacer 常駐キャラ演出・お岩
spacer 常駐キャラ演出・おフサ
spacer 常駐キャラ演出・座敷ワラシ
spacer 常駐キャラ演出・因縁霊
spacer
左に霊が出現している場合は窓ガラス演出からの発展が基本パターンとなる。また、おフサが出現していれば小役ナビ発生率がアップする。右に霊が出現しているとふすま演出からの発展が基本パターンとなる。因縁霊が出現していれば小役ナビ発生率がアップするぞ。
spacer 窓ガラス演出
spacer
spacer ふすま演出
spacer
spacer
spacer
窓ガラスがガタガタ揺れるなどしてチャンスや小役成立をナビ。恐怖新聞が投げ込まれれば演出発展となるぞ。
鬼形の寝ている部屋のふすまが開き、そこから登場するキャラクターによって連続演出へと発展する。
spacer 電気演出
spacer 火の玉演出
spacer エクトプラズム演出
spacer
spacer
spacer
部屋の電気がチカチカと点滅したら液晶に注目。部屋の電気が消えた瞬間に大きな瞳や無数の手が浮かび上がるとチャンス!?
部屋に現れる火の玉の色が小役に対応している。火の玉の数で信頼度が変化するようだ。
うなされる鬼形の口からエクトプラズムが放出されるチャンス演出。エクトプラズムが多く放出されるほど信頼度アップ!
spacer 天井演出
spacer
spacer 時計演出
spacer 背景演出
spacer
spacer
spacer
天井から血が滴り落ちてくる演出で、血の色が小役に対応している。血の量で信頼度が変化するぞ。
時計の示した時間によってチャンスなどを告知する演出。0時だとアツい!?
カバンが落ちたり、カーテンがなびいたり、本が倒れるなど背景に変化が起きる。主に小役成立の合図。
▼ メニュー [恐怖新聞]
(C)秦企画/CW