SANKYO パチスロ機動戦艦ナデシコ
mixiチェック
パチスロ機動戦艦ナデシコ
(C)XEBEC・ナデシコ製作委員会 (C)1998 ジーベック/NADESICO製作委員会
役構成
SUPER BIG BONUS
465枚を超える払い出しで終了
SUPER BIG BONUS
449枚を超える払い出しで終了
BIG BONUS
284枚を超える払い出しで終了
REG BONUS
119枚を超える払い出しで終了
1・2BET15枚/3BET9枚
1・2BET15枚/3BET12枚
1・2BET15枚/3BET1枚
1・2BET14枚/3BET1枚
REPLAY
REPLAY+RT
REPLAY+RT
設定 BIG確率 REG確率 合成確率 機械割
1 1/374 1/744 1/249 97.8%
2 1/364 1/720 1/241 99.7%
3 1/343 1/682 1/228 102.9%
4 1/330 1/648 1/219 105.8%
5 1/312 1/618 1/207 109.1%
6 1/291 1/560 1/191 113.0%
福岡県公安委員会検定通過状況(2009年11月10日付)
SANKYO/2010年1月導入開始/設置期限2012年11月/5号機/RT/3枚がけ専用機/5ライン
  パチスロ版ナデシコはあの人気機種をリスペクト!?
  機種コメント
パチンコでも絶好調の人気アニメ「機動戦艦ナデシコ」が今度はSANKYOからパチスロになって登場した。ゲーム性はボーナスのみでコインを獲得していくシンプルな仕様で、ボーナスは同色7揃いのスーパーBIG、青7・青7・赤7のノーマルBIG、赤7・赤7・青7のREGの3種類が存在し、比率は1:1:1。スーパーBIGは揃い方によって獲得枚数が異なり、黄7揃いならMAX402枚、赤7or青7揃いならなんとMAX448枚となっている。スーパーBIGの比率も1:1となっており、スーパーBIGが連チャンすれば一撃で大量出玉が期待できるゲーム性になっている。また、機械割も設定1でも97.8%で、設定3から100%オーバーと甘い仕様になっている点にも注目だ。演出は原作ファンには堪らないこだわりのラブコメで展開。アニメでは見ることができなかった「アキトの告白!?」「天河アキトを探せ!」「不思議の国のユリカ」など、ナデシコワールド全開の演出が搭載されているぞ。
  通常時の打ち方
まずは左リールに13番のチェリーを狙う
もっと見る

  機種レビュー
  サブ基板・F
 
リール配列は異なるものの、中身は『新世紀エヴァンゲリオン』そのものなので取っ付きやすさは抜群。『エヴァ』のゲーム性が好きな人なら、すんなりと受け入れられるんじゃないかな。天井到達時のRT突入が容易になったおかげで、天井狙いも効率良く行なえるしね。それにしても、パチンコでもいまだに設置店がそこそこあるのは、萌えに対する需要がそれなりにあるってことなのかな。萌え、恐るべし。
オススメランク:
  ゼット
 
まあ『新世紀エヴァンゲリオン』を意識して作ったのは分かるんですけど、何を狙ったのでしょうか。おそらくは、「同じゲーム性だから打ちやすいだろう」という考えではないかと思います。つまりは『エヴァ』の客が流れることもあろうという願望。でも、それでも勝てば結果オーライなのはどの世界でも同じこと。けど『ナデシコ』じゃあ勝てないでしょ。ファンでなくてもかっこいいと思う作品じゃないとダメ。これはファンにしかウケないでしょう。
オススメランク:
  DN
 
スペックといい演出といい、パチスロとしては悪くない、むしろ良い部類の出来ではあるものの、様々な場面でそこはかとなく漂ってくる某汎用人型決戦兵器臭がちょっと…。「これだったらわざわざナデシコ使わずにオリジナル物でやってくれよ」と言うのがいち原作ファンとしての率直な感想です。まあ演出が完全にパチンコの使いまわしでなかったり、ボーナス中のオリジナルムービーがあったりと、一応それなりに力の入ってる所はあるのでギリギリで及第点はクリアかな。ただラブコメ演出は微妙。
オススメランク:
  QRコード