西陣 CRA築地魚河岸三代目GLC
魚介もパチンコも鮮度が命? 産地直送の「活き粋パチンコ」登場!
確変確定&大量出玉の「めでタイボーナス」を搭載!
 西陣から登場した『CR築地魚河岸三代目』は、魚河岸に生きる人々を描いた同名人気漫画とのタイアップ機。スペックは『〜FF』、『〜M』、『CRA〜GLC』の3つが用意されている。

 『〜FF』は大当り確率309.5分の1・確変継続率64%のオーソドックスなミドルタイプで、通常の下アタッカー大当りが約1360個、上アタッカーが開放される「めでタイボーナス」ならば約1460個の出玉を獲得可能だ。『〜M』は大当り確率151.4分の1・確変継続率68%。ラウンド振り分けが存在するライトミドルタイプで、下アタッカーが解放される7ラウンド大当りで約520個、めでタイボーナス(15ラウンド大当り)なら約1220個の出玉を獲得できる。そして『CRA〜GLC』は大当り確率99.7分の1・確変継続率50%の甘デジタイプで、ラウンド数や獲得出玉は『〜M』と同様になっているぞ。

 また、どのスペックもヘソ入賞時は出玉ナシ確変が存在する(『〜FF』が26%、『〜M』が30%、『CRA〜GLC』が28%)が、電チュー入賞時には必ず出玉を獲得することができるという特長がある。
「めでタイボーナス」は上アタッカーでの高速消化が可能。いいことづくめの正に「おめでたい」大当りだ。
新鮮な魚介を獲得できれば確変は目前?
モード移行時に発生する「セリチャンス」は4つのミニゲームで構成される。様々なミッションに挑戦し、魚介の獲得を目指そう。
 続いて演出面では、潜伏確変を期待させる多様なモードが見所。通常ステージから「魚河岸モード」に移行すれば潜伏確変のチャンスとなるのだが、ここで注目したいのがモード移行時に発生する「セリチャンス」だ。

 「目利き」「気合い」「掛合い」「三代目対決」の4種類のゲームが用意されており、ミニゲームに成功することで魚介を獲得。獲得した魚介の種類が多ければ多いほど確変期待度がアップするというゲーム性を有している。

 また、役モノも魚介をモチーフとしたものになっており、液晶右側には「めでタイ役モノ」と「子タイ役モノ」を搭載。予告やリーチ中などに可動しチャンスを示唆する。更に、液晶演出においても抜かりはなし。原作の名エピソードを再現したストーリーリーチを始め、様々なキャラクターたちが築地を舞台に奮闘する姿が描かれているぞ。
(C)はしもとみつお・大石賢一・鍋島雅治・九和かずと/小学館ビッグコミック
機種関連NEWS
パチンコ・パチスロ機種検索
パチンコ パチスロ
機種名