ニューギン CR座頭市物語II〜勝新N−TG
勝新太郎の魅力が凝縮されたプレミアム機種!
 前作『泉谷しげるの座頭市物語』を継承しつつ大幅にパワーアップ!
 盲目の剣客・座頭市をモチーフにして大ヒットした『CR泉谷しげるの「座頭市物語」』の演出を継承しつつも、主役である市が映画「座頭市物語」で最初に市を演じた勝新太郎になったことで、キャラや映像は全て一新。本機では「新座頭市物語 笠間の血祭り」の映像がふんだんに使用されているだけでなく、勝新太郎の未公開映像や勝新太郎が唄う「おてんとさん」を収録するなど、勝新ファンにとってはまさにプレミアム機種となっている。楓に起用された清水ゆう子の実写映像も豊富な上に、収録曲が3曲あるなど、演出面はかなりパワーアップしているぞ。

 そんな本機の演出は、基本的にCGキャラによって展開。それだけに、実写映像が出現した時は激アツの展開が待っている。また、演出を盛り上げるギミックも豊富で、画面右側にある市の刀「妖刀朧(ようとうおぼろ)」と画面左側にある楓の刀「瑠璃色揚羽(るりいろあげは)」が同時に作動する「刀可動体合体演出」は激アツだ!

 最強の予告として搭載されているのは神出鬼没で発生する「乱れ斬り予告」で、炎に包まれた市が画面を斬りまくる演出が展開。激アツリーチは「最終決戦リーチ」や「助五郎一家殲滅リーチ」で、市と楓が協力するアクションが発生したら、期待していいぞ!
ニューギンのプレミアムキャラといえばプッシュマン。本機では座頭市プッシュマンが登場すれば超激アツとなっている。また、様々な場面で出現する虎柄演出も超激アツだ。
『〜市』と『〜楓』の2タイプのミドルスペックが登場!
月華乱舞の刻は確変の可能性があるチャンスモード。頻繁に突入するほどチャンスアップとなる。
 『CR座頭市物II』は2タイプのミドルスペックで登場。『〜市HR-T(G)』は大当り確率355.75分の1、確変突入率68.0%で、『〜楓HR-T(G)』は大当り確率298.25分の1、確変突入率62.0%となっている。大当りの内訳は基本スペックにある通りだが、どちらのタイプも下アタッカーの16ラウンド確変には時短が100回転で終了する大当りが2%あるので、立ち回りには注意が必要だ。

 ダブルアタッカーを搭載している本機の上アタッカーで消化する大当りは全てランクアップボーナスの「龍神炎舞」となり、ラウンド中の演出によって実質8ラウンドor16ラウンド分の出玉を獲得できる。そして大当り終了後は、勝新の秘蔵映像により展開する確変確定の「勝新太郎の章」に突入。下アタッカーの確変大当りからは基本的に「天下泰平の章」に突入する。

 ただし、主に時短モードとなる「流浪の巻」に突入しても内部的に確変の可能性があり、流浪の巻から天下泰平の章へ成り上がることもある。また、前述の通り時短抜け確変を搭載していることで、流浪の巻終了後も潜伏していることがあるのでランプチェックは必須。本機は小当りと潜確も搭載しているので、モード移行時のランプチェックも必要と言えるだろう。「月華乱舞の刻」に頻繁に再突入するようなら、潜伏確変の可能性が高いぞ。
(C)子母澤寛原作 座頭市物語/(C)ティーエムプロダクション/(C)1973 TOHO CO.,LTD./(C)清水ゆう子
パチンコ・パチスロ機種検索
パチンコ パチスロ
機種名
ユーザー更新情報