ロデオ ラーゼフォン
mixiチェック
ラーゼフォン
(C)2001 BONES・出渕裕/Rahxephon project (C)Sammy (C)RODEO
役構成
PUREMIUM BIG BONUS
BIG BONUS
REG BONUS
9枚
9枚
9枚
9枚
9枚
9枚
RB中のみ
9枚
RB中のみ
9枚
RB中のみ
6枚
6枚
6枚
2枚
1枚
1枚
1枚
2BET4枚/3BET9枚
2BET4枚/3BET9枚
2BET4枚/3BET9枚
REPLAY
REPLAY
REPLAY
REPLAY
REPLAY
REPLAY
設定 BIG確率 REG確率 ART初当たり確率 ボーナス&ART初当たり合成確率 機械割
1 1/394.8 1/789.6 1/374.7 1/154.6 97.2%
2 1/368.2 1/736.4 1/367.5 1/147.2 99.0%
3 1/381.0 1/762.0 1/338.3 1/145.1 101.5%
4 1/368.2 1/736.4 1/314.8 1/137.9 104.5%
5 1/381.0 1/762.0 1/286.6 1/134.7 108.7%
6 1/344.9 1/689.9 1/269.6 1/124.1 114.0%
広島県公安委員会検定通過状況(2011年08月29日付)
ロデオ/2011年10月導入開始/設置期限2014年8月/5号機
  毎ゲーム上乗せが発生する激アツゾーン「ソニックコンボ」を搭載!!
  機種コメント
テレビ放映のみならず劇場映画化もされ人気を博したSFロボットアニメ「ラーゼフォン」がパチスロになって登場した。本機は3種類のボーナスとART「飛翔RUSH」、そして毎ゲーム上乗せチャンスとなる激アツゾーン「ソニックコンボ」で出玉を伸ばしていくシステムとなっている。ARTの仕様は1セットが50ゲーム+αで、1ゲームあたりの純増枚数は約1.2枚。1度に最大で500ゲームもの上乗せが期待できる強力性能を誇るぞ。演出面で注目したいのは、出玉に直結するミッション演出「4-TYPEミッション」だ。突入時のART期待度は約40%となっており、そのMAXループ率は約90%と極めて高い。ミッションにはベル抽選型の「フォルツァンド」「スフォルツァンド」、ノルマ達成型の「木星消滅作戦」「バーベム卿の部屋」の4種類が存在。前者は4or6ゲーム間でベルを引いてドーレムを撃破できれば、後者は10〜20ゲーム間で課せられたノルマを達成できればART突入確定だ。なお、ボーナスは純増約216枚のBIGと同44枚のREGに加え、同216枚でART確定の「プレミアムBIG」も搭載されている。BIG中はカットインが発生したらチャンスで、シンボル絵柄が揃えばART確定、半コマズレで揃うとミッション突入が期待できるぞ。一方、REG時はバトルでラーゼフォンが勝利すればART確定。押し順ベルが当たるほど勝率がアップするので、己の勘を研ぎ澄ませて消化しよう。
  予告演出
ヒラニプラ予告

翼予告

次回予告

もっと見る  
  
  連続演出
忘却の彼方演出

もっと見る  
  通常時の打ち方
左リール枠内にチェリーorシンボル絵柄...
もっと見る

  機種レビュー
  池谷聡
 
ん通常の上乗せ抽選もアリ、ボーナス同時成立したチャンス役でも上乗せを抽選、と極力引き損を解消しているのは好印象ですね。全体的に無難な作りっぽいですが、それだけに手堅く楽しめそうかと。全設定でボーナス確率が重いのは少し気になりますが、頻繁にミッションへ突入してくれれば、あまりダレないかもですな。
オススメランク:
  やおんき
 
流行りの毎ゲーム上乗せゾーン搭載ですが、問題はどの程度の上乗せが期待できるのか。本機は通常のART中にもゲーム数上乗せがある上、レア役成立時はゲーム数の他に上乗せゾーンの抽選も同時に行なわれるので、それほど期待はできないでしょう。ただ、最大上乗せゲーム数が500ゲームと、他機種を凌駕する数値になっているので、通常ARTを含めた一撃性は非常に優秀なのかも!? 
オススメランク:
  ユーザー広場
       
       
       
       
       
       
  QRコード