ミズホ アナザーゴッドハーデス-奪われたZEUSver.-
AT機史上初の15枚役を搭載しGODを超える冥王降臨!!
AT突入時は必ず上乗せ特化ゾーンからスタート!!
 高い一撃性と中毒性で多くのファンを魅了してきた「ゴッド」シリーズの最新作『アナザーゴッドハーデス-奪われたZEUSver.-』が、15枚役を搭載したAT機へと姿を変え遂に登場した。

 ATの「GOD GAME(以下GG)」は1ゲームあたりの純増枚数が約2.9枚で、奇数揃いor紫7揃いor冥王揃いorGOD揃いでATに突入。GGは必ず上乗せ特化ゾーンから突入する仕様になっており、上乗せ特化ゾーンは「RUSH OF KERBEROS(ケルベロス)」、「ZONE OF PERSEPHONE(ペルセポネ)」、「PREMIUM OF HADES(ハーデス)」の3種類が存在する。

 RUSH OF KERBEROSは5ゲーム保証+継続抽選の上乗せ特化ゾーンで、成立役不問で毎ゲーム上乗せが発生。一契機の最大上乗せゲーム数は300ゲームで、平均上乗せゲーム数は約75ゲームとなっている。3頭咆哮やレア小役成立なら大量上乗せを期待できる。ZONE OF PERSEPHONEは10ゲーム保証+継続抽選の上乗せ特化ゾーンで、紫7揃い確率が大幅にアップ。平均上乗せゲーム数は約150ゲームとなっており、紫7揃いで50ゲーム以上の上乗せが確定。さらに紫7揃い後にリールが逆回転すれば0G連の「コンボフリーズ」が発生することもあるぞ。

 平均上乗せゲーム数約300ゲームと、最もゲーム数の上乗せを期待できるPREMIUM OF HADESは、冥王揃い確率が大幅にアップ。滞在ゲーム数は10ゲーム+継続抽選で、冥王揃いで100ゲーム以上の上乗せが確定する。冥王揃い後はZONE OF PERSEPHONE同様に、リールが逆回転すれば0G連のコンボフリーズが発生することもあるぞ。
ZONE OF PERSEPHONE or PREMIUM OF HADES中は絵柄揃いからコンボフリーズが発生する可能性アリだ。また、GG中のゲーム数直乗せから「デジャヴフリーズ」へ発展することも。
自力でATを掴み取れる「HELL ZONE」を搭載!!
シリーズを継承した演出も多数搭載。「奇数テンパイ」や「順子目」など数字の組み合わせにも注目しよう。
 基本的なゲーム性はこれまでのシリーズと同じだが、前作にあった「G-ZONE」の代わりに、シリーズ初となる自力AT当選のチャンスゾーン「HELL ZONE」を搭載。HELL ZONEは通常時orGG中に突入する可能性がある奇数揃いの高確率ゾーンで、その期待度は約25%となっている。継続ゲーム数は5or10or15ゲームで、ステージの背景で当選期待度が変化。背景の色は青<黄<赤の順に期待度がアップするぞ。

 シリーズ最大の目玉となるGOD揃いは様々な演出から突入する可能性があり、GOD揃いでGG100ゲーム+ジャッジメント3セット以上が確定。しかも、GOD揃いから突入する上乗せ特化ゾーンは、上位の選択率が優遇されているため、ゲーム数の大量上乗せを期待できる。

 歓喜の「全回転フリーズ」は画面クラッシュからリールと共に液晶でも全回転がスタートする圧巻の演出で、発生した時点で紫7or冥王orGOD揃いが確定。液晶が「333」なら紫7揃い、「555」なら冥王揃い、「777」ならGOD揃いとなる。神の一撃を引き当て、冥界の扉を開け!!
(C)UNIVERSAL ENTERTAINMENT (C)MIZUHO
パチンコ・パチスロ機種検索
パチンコ パチスロ
機種名