SANKYO CRフィーバーR-18
18歳未満遊技禁止のパチンコに相応しいフェチ映像満載の機種が登場!
全大当り後にSTへ突入する遊びやすいライトミドルスペック!
 18歳未満は視聴禁止のレイティングシステム「R-18」を機種名に冠したパチンコ『CRフィーバーR-18』がSANKYOより登場した。本機は多彩なフェチ映像が満載のST機で、全大当り後に80回転のSTへ突入。大当り確率も239.2分の1と高く、遊びやすいライトミドルスペックとなっている。

 大当りは通常時・ST中ともに3種類存在しており、赤図柄揃い時は16ラウンド確変の「SPECIAL FEVER」が当選。緑図柄揃い時は6ラウンド確変、青図柄揃い時は3ラウンド確変当選となる。全大当り後に突入するST中は、4種類の演出モード「RUNNING(ボタン系)」 「LOUNGE(一発告知系)」 「STORY(図柄煽り系)」 「夏の夜(ステップアップ系)」のいずれかを選択可能。ST80回転中に大当りを引き戻せる割合は約60%だ。

 大当りの期待大となるキーポイント演出は「GOLD ZONE」 「STOCKING CHANCE」 「5ラインリーチ」 「GOLDEN BUST」の4つ。リーチ中は「STOCKING」発生によるライン数増加がポイントで、1→2→3→……と増加するほどチャンスアップ。5ラインまで増えれば期待大となる(1ラインでのSPリーチは逆にチャンス!?)。5ラインを超えると全回転リーチへ発展する!? メインリーチである「フェチリーチ」は、リーチナンバーに注目しよう。基本的に数字が大きいほどチャンスとなるが、「ナンバー1〜5」に関しては、ライン数と一致すれば信頼度が50%以上にアップするぞ。
本機は図柄の大きさを変えられるという珍しい機能を搭載。大きさは「大・小・無し」の3段階で、図柄が小さいほどフェチ映像がより見やすくなって楽しめる。図柄無し選択時は完全に図柄がなくなるわけではなく、液晶左側に小さく表示されるのみとなる。
パチンコ・パチスロ機種検索
パチンコ パチスロ
機種名