SANKYO CRフィーバーエルドラ
15ラウンド大当りが1ゲーム連! 甘デジを超えた究極スペック!
頻繁に訪れる小当りのおかげで全ての演出に期待が持てる!
 パチンコオリジナルコンテンツをモチーフとした『CRフィーバーエルドラ』がSANKYOより登場した。本機は1種2種混合タイプの甘デジで、通常時&電サポ中ともに、小当りからのV入賞による大当りがメインとなる。初当り出現率は約99分の1だが、小当りは約18分の1で発生するので頻繁にチャンスが訪れるぞ。

 通常時は金色宝玉を獲得できれば小当り当選。「V入賞チャレンジ演出」が発生するので、画面の指示に従って左打ちで左上アタッカーに玉を入れよう。ここでV入賞できれば4ラウンド大当り「エルドラボーナス」当選となる。左上アタッカーに玉を入れなかった場合は絶対に大当りしなくなってしまうので、デジタル変動中に席を立つのは厳禁だ。

 エルドラボーナス中は右打ちで消化。ラウンド中に「フェイスオブ王演出」が発生し、時短突入をジャッジする。演出成功で時短「エルドラゲーム(RUSH)」突入となるぞ! 失敗した場合は通常状態へ。

 エルドラゲーム中は左打ちで消化する。本機の時短は1回転しか継続しないが、小当り確率が約1分の1にアップしており、さらにV入賞率も約1分の1にアップするので、1回転でほぼ確実に次回大当りをGETできるはずだ。もちろん左上アタッカー開放時に玉を拾わせることが条件になるので、カウントダウン発生後は画面の指示に従い、左打ちで必ずV入賞させよう。

 エルドラゲーム中の大当りは15ラウンド継続が確定する上、エルドラゲーム突入率が約60%にアップ(初当り時は約11%)。時短突入までのハードルは高いが、一旦突入すれば約2025個の出玉が60%ループで1G連するので、ミドルスペックにも劣らない出玉性能を秘めていると言えるだろう。

 通常時の演出に関しては、何らかのリーチに発展しただけで期待大に。3大キーポイント演出は「フェイスオブ王リーチ」 「バスカ抽選リーチ」 「黄金郷エルドラ(エルドラ入口 or エルドラ入口・雷鳴ステージに移行)」の3つだが、小当り確率が高いので、これら以外の演出も十分期待できるぞ。特に複数存在する「SPリーチ」は、いずれも8〜9割が小当り当選となるだけでなく、V入賞率に関しても期待できる大興奮アクションとなっている。
時短非突入の大当り後は、専用ステージ「ボルケーノゾーン」へ突入する。スペック上、確変が潜伏することはないので、ここで即ヤメしても問題ない。なお、ボルケーノゾーンは30回転経過するか小当り当選(V非入賞)で通常ステージに移行する。
パチンコ・パチスロ機種検索
パチンコ パチスロ
機種名