SANKYO CRフィーバーマクロスフロンティア3
SANKYO最後の2400発大当り搭載マシンが発進!
かけらを集めてクォーツをストックするほど大当りが近づく!?
 人気SFアニメ「マクロスフロンティア」のパチンコ第3弾『CRフィーバーマクロスフロンティア3』がSANKYOより登場した。本機は確変ループタイプのミドルスペックで、同社最後の約2400個獲得大当り搭載マシンとなっている。

 初当りは3 or 16ラウンド継続。16ラウンドなら確変確定だが、大半を占める3ラウンド大当り後は確変 or 通常どちらの可能性もある。また、ヘソ入賞時に玉が左へ振り分けられるとチューリップ「オーバーチャージ」が開放!? ここに拾われた玉は特図2、すなわち電チュー保留扱いとなるので、確変比率や16ラウンド大当りの割合が優遇されるぞ。

 全ての大当り後に突入する電サポモードは、「バルキリーバトル」と「ギャラクシーライブ」の2モードから演出を選択可能。時短100回 or 次回大当りまで継続の確変のどちらの可能性もあり、電サポを100回消化するまでは確変 or 時短のどちらかがわからない仕様となっている。確変だった場合は100回を超えても電サポが継続するので、確変が潜伏する心配はない。

 電サポ中の大当りは16ラウンド確変の「ドデカルチャーFEVER」、3ラウンド確変 or 通常の「FEVER」、そして確変大当り「ミュージックタイムチャージ」の全3種類。ミュージックタイムチャージは歌が続く限り継続する大当りで、チャージされる秒数が多いほど得られる出玉も増加。平均獲得出玉は約2000個となっている(実射値)。電サポ中の大当りはドデカルチャーFEVERが50%を占めるので、振り分け次第では一気にドル箱の山を築くことも可能だ。

 通常時の演出に関しては、「フォールドクォーツ」のストックがポイントに。様々な演出を契機に獲得できる「かけら」が3個貯まると、クォーツを1個ストックする。クォーツはタイマーや発生演出示唆など様々な役割を持っており、ストックするほど期待大となる。上限である4個ストック時は大チャンスだ。また、発生しただけでアツい3つのキーポイント演出「歌姫来舞(ウタヒメライブ)」 「SPバトルリーチ(3LINE)」 「歌姫ロード」も存在。SPバトルリーチは3LINEまでラインが増えれば期待大、歌姫ロードは7〜11ラインのマルチラインリーチとなっており、リーチ中はライン数も重要な要素となるぞ。
1ライン目が0 or 7 or F図柄テンパイだとその時点で16ラウンド大当り濃厚。2〜3ライン目に0 or 7 or F図柄テンパイが加われば大チャンスとなる(歌姫ロード中を除く)。3 or 5のリーチは信頼度と確変比率が若干アップ。電サポ中の3 or 5リーチは確変大当り濃厚だ。
(C)2009,2011 ビックウエスト/劇場版マクロスF製作委員会
パチンコ・パチスロ機種検索
パチンコ パチスロ
機種名