SANKYO パチスロ ボンバーパワフルIII
SANKYOの6号機第1弾はやはり夢夢ちゃん!!
約85%継続のかっとび型AT搭載!!
 SANKYOより6号機第1弾となるマシン『パチスロ ボンバーパワフル掘戮発表された。同社の名物キャラ・夢夢ちゃんと、1ゲームあたり純増約3.2枚&平均継続率約85%(セット数上乗せ込み)のAT「パワフルタイム」と、ビジュアルと出玉性能が高い次元で融合したAT機だ。

 AT突入の契機となるのは「パワフルボーナス」と「夢夢ボーナス」の2種類のボーナス。どちらも内部的にはATとなっており、パワフルボーナスは25ゲーム継続し、「ボンバーチェック」でAT突入か否かを判定。消化中に7か夢夢図柄が揃うとAT突入が約束される。一方の夢夢ボーナスは40ゲーム継続&AT突入濃厚の上位版ボーナスとなっている。

 AT「パワフルタイム」は1セット25ゲーム継続。ボーナスやレア小役によってセット数上乗せ抽選を行なう。特にAT中の夢夢ボーナスは別格で、当選時はセット数上乗せ特化ゾーン「超夢夢RUSH」に突入する。超夢夢RUSHは10ゲーム継続し、毎ゲーム高確率でセット上乗せを抽選。平均上乗せ数は約4個と、一気に大量獲得へ繋がる最強トリガーとなっている。ちなみにATが終了したら、引き戻しゾーンである「シャッターチャンス」に突入。ここで10ゲーム内にPT図柄が揃えばAT復帰となる。

 シャッターチャンスは通常時にも発生し、V図柄が揃えばボーナスというチャンスゾーン(CZ)的な役割も担っている。CZ突入契機はレア小役成立時の抽選、規定ゲーム数消化、そして「1000ポイント到達」の計3つとなってる。ポイントは通常時の毎ゲームで獲得を抽選。「ボムボムチャージ」というポイント獲得の特化ゾーンもあるので、通常時は常に期待感を持ってプレイできるぞ。また、これら契機は攻め時・ヤメ時の判断材料になるので、勝負の際はしっかり情報を頭に入れておこう。
CZ突入契機はレア小役や1000ポイント到達の他、規定ゲーム数消化によるものもあるので、前兆的な演出が発生したら様子を見るようにしたい。あの「長いダックスフント」も健在だ。
▼ メニュー [パチスロ ボンバーパワフルIII]
パチンコ・パチスロ機種検索
パチンコ パチスロ
機種名