銀座 P火曜サスペンス劇場 最後の推理
モード&大当り紹介
spacer 初当り
spacer
spacer
超お手柄BONUS
お手柄BONUS
EpisodeBONUS
spacer
▲「超お手柄BONUS」と「Premium EpisodeBONUS」は10ラウンド確変当選となり、超・真相究明RUSHへ直行。「お手柄BONUS」と「EpisodeBONUS」は4ラウンド通常で、消化後は真相究明RUSHに突入する。初当りの90%は4ラウンド通常なので、真相究明RUSH突破が超・真相究明RUSH突入のメインルートといえるだろう。
spacer 超・真相究明RUSH
spacer
spacer
1〜20回転
21〜120回転 or 21〜220回転
追及バトルモード
spacer
spacer
電サポ追加
転落ジャッジ
spacer
▲転落抽選タイプの確変モード。電サポ回数は120回+α、もしくは220回+αのいずれかで、最初の20回転はありさが事件の内容を説明するオープニングからスタートする。電サポ回数が220回+αだった場合は、120回転目までに電サポが100回追加される。電サポ追加ナシまたは220回転目は転落ジャッジが発生。既に確変が終了しており内部的に時短状態だった場合は、電サポ終了となってしまう。まだ確変に滞在している場合は、電サポが延長され「追及バトルモード」へ突入。以降は大当りするか確変転落まで電サポが継続するぞ。確変転落確率は約307分の1、確変中の大当り確率は約112.2分の1なので、転落前に大当りを引ける可能性は高く、RUSH継続率は約80%となっている。
spacer 真相究明RUSH
spacer 崖っぷちZONE
spacer RUSH中大当り
spacer
spacer
spacer
▲4ラウンド通常大当り後に突入する200回の時短。時短回数が多いため、引き戻し期待度は約46.6%と高い。
▲黒幕バトルリーチハズレから突入する突然時短で、時短回数は100回。ここからの引き戻し期待度は約26.9%だ。
▲RUSH中の大当りは10ラウンド確変+超・真相究明RUSHのみ。電サポ回数の振り分けは120回+αが50%、220回+αが50%となっている。
▼ メニュー [P火曜サスペンス劇場 最後の推理]
(C)NTV (C)大映テレビ (C)ホリプロ (C)東宝芸能 (C)山村美紗オフィス (C)Sammy
パチンコ・パチスロ機種検索
パチンコ パチスロ
機種名