Daiichi Pひぐらしのなく頃に〜彩〜
モード&大当り紹介
spacer 初当り
spacer
ひぐらしBONUS
全回転リーチ
spacer
▲初当りは5ラウンドの「ひぐらしBONUS」が基本。消化後は14回の時短「ST」へ突入する。全回転リーチからの大当りに限り9ラウンドとなり、こちらは「解明しモード」へ直行するぞ。
spacer ST
spacer
spacer
郷縛りシンドローム
遊尽しモード or 身隠しモード
ラストチャンス
spacer
▲14回の時短モード。実質大当り確率が10.17分の1にアップしており、約76.5%で大当りとなる。演出は回転数に応じて異なり、最初の5回は即当りゾーンの「郷縛りシンドローム」からスタート。次の8回は「遊尽しモード」または「身隠しモード」のどちらかを選択できる。「遊尽しモード」はみんなで部活を楽しむモードで、圭一が勝てば大当り濃厚。対戦キャラは「魅音 → レナ → 沙都子 → 梨花」の順に期待、種目は「だるまさんがころんだ → 鬼ごっこ → かくれんぼ」の順に期待できる。「身隠しモード」はレナから逃げきれば大当りとなる、おなじみのホラーモードだ。最後の時短1回転は「ラストチャンス」。ここではカケラの数が多いほどチャンスとなる。
spacer ST中大当り
spacer
オヤシロBIG BONUS
オヤシロBONUS
spacer
▲ST中の大当りは9ラウンドの「オヤシロBIG BONUS」または3 or 9ラウンドの「オヤシロBONUS」のいずれかに。どちらも消化後は時短14回のSTへ突入するが、「オヤシロBIG BONUS」の冒頭でエウアが出現すると「解明しモード」突入濃厚となる。
spacer 解明しモード
spacer
spacer
▲「オヤシロBIG BONUS」の一部で突入する上位の時短モード。時短回数は254回となり、実質次回大当り濃厚となる。さらに解明しモード中は「オヤシロBIG BONUS」と「オヤシロBONUS」のどちらに当選しても解明しモード継続濃厚。ST中とは異なり、ループタイプのゲーム性へと変化する。解明しモード単体でのループ率は約81%、引き戻しモードも含めた場合の大当り期待度は約89.8%となる。
spacer 疑心暗鬼BONUS
spacer 引き戻しモード
spacer
spacer
▲解明しモード中の演出に失敗すると当選する3ラウンド大当り。消化後は時短6回の「引き戻しモード」へ突入する。
▲疑心暗鬼BONUS後に突入する時短6回。演出は時短5回が「遊尽しモード」 or 「身隠しモード」、ラスト1回が「ラストチャンス」となる。大当り引き戻し率は約46.3%で、大当り振り分けはST中と同じだ。
▼ メニュー [Pひぐらしのなく頃に〜彩〜]
(C)2006竜騎士07/ひぐらしのなく頃に製作委員会・創通
(C)2007竜騎士07/雛見沢御三家
(C)2009竜騎士07/雛見沢御三家
(C)2011竜騎士07/雛見沢御三家
(C)2020竜騎士07/ひぐらしのく頃に製作委員会