A-gon P保4のガチャバスター
ゲームの流れ
spacer 第一の門
spacer
spacer
ドット液晶下飛び込み口
上皿役モノ
チューリップ
spacer
▲通常時は左打ちでドット液晶の上下、および役モノ左側にある飛び込み口から役モノ内へ玉を入れよう。ドット液晶の上下からに入った玉は左右に振り分けられ、右ルートに進むと黄色い上皿役モノに玉が乗る。左ルートへ行った玉はさらに振り分けられ、黄色い上皿役モノまたは第二の門の中皿役モノへと向かう。黄色い上皿役モノに玉が2個以上ある場合は、その重みにより第二の門のチューリップが開放。上皿役モノの中央の穴に玉が入ると第二の門の中皿役モノへ落下する。黄色い上皿役モノには、玉が2個以上ある状態を常に保つのが理想といえる。
spacer 第二の門
spacer
左側飛び込み口
中皿役モノ
spacer
▲役モノ左側の飛び込み口から入った玉は中皿役モノへ直行。第一の門から落下した玉も同様に中皿役モノに入る。中皿役モノは約4秒ごとに前へ傾き、貯留した玉が一気に落下。中央に入れば最終の門へ向かうが、それ以外はハズレ玉となってしまう。第一の門の黄色い上皿役モノに玉が2個以上あればチューリップが開放した状態となるため、最終の門に入りやすくなるぞ。
spacer 最終の門
spacer
spacer
▲最終の門は一番右に特図2始動口があり、特図2を変動させるチャンス。ただし、その途中には3つの穴があり、特図2始動口への入賞を妨げる。3つの穴にはそれぞれ役モノギアが設けられており、穴に入った玉はゆっくりと落下する(約5秒)。どんどん玉を入れて、3つの穴をすべて塞いで橋を作ることができれば、特図2始動口への入賞ルートが完成するというわけだ。なお、3つの穴の下は特図1始動口となっているため、穴から玉が落ちるたびに特図1が変動する。つまり、最終の門に入った玉は特図1か特図2のどちらかを変動させることになる。
spacer 特図1変動
spacer 特図2変動
spacer
spacer
▲最終の門の3つの穴の下にある、特図1始動口に玉が入賞するとドットが変動(保留は3個まで)。リーチになれば大当りのチャンスとなる。ただし、大当り確率は約319.6分の1と低く、RUSH突入率もトータル約14%(ガチャチャレンジモードでの引き戻し込み)と、仮に大当りしても恩恵は大きくないため、特図1抽選はオマケ的な要素といえるだろう。
▲最終の門の3つの穴を越えた先にある、特図2始動口へ玉が入賞するとドットが変動(保留は1個まで)。RUSH中と同等の確率約9.9分の1で大当りを抽選する。演出は必ずバトルリーチが発生。ここが初当り&RUSH突入のメインルートだ。