ビスタタイムズTOP / メディアレポート / メディアレポート詳細
   メディアレポート詳細
タイアップストーリー 第1回「必殺仕事人」
概要
 「必殺仕事人」は池波正太郎原作の時代小説「仕掛人・藤枝梅安」をドラマ化した「必殺仕掛人」から始まるシリーズ第15弾目の作品。前作にあたる「翔べ! 必殺うらごろし」はオカルトをテーマとしたもので、殺し技も独特(若役の和田アキ子は相手の顔面を殴打したり、おばさん役の市原悦子は相手に話しかけ油断させて殺すなど)であったためか視聴率が低下。これを受けて「必殺仕事人」を最終作に、必殺シリーズ打ち切りを決定したという背景がある。ところが、放送中に人気が再燃。結果、異例のロングランとなったのである。

 その後の必殺ブームを巻き起こす起爆剤となった「必殺仕事人」ではあるが、シリーズ終了作品である「必殺仕事人・激突」まで全9作の間にはさまざまな紆余曲折が見られた。大物を起用していたにもかかわらず体調不良で途中降板が相次いだり、「必殺仕事人・旋風編」では個性的なキャラクターをもってしても物語が進展せずに14話で放送が打ち切られたりと順風満帆とは行かなかった。

 以降はスペシャルで何度か放送され、2007年には15年ぶりにスペシャルドラマとして帰ってくる。中村主水にはおなじみの藤田まこと、さらに東山紀之、松岡昌宏、大倉忠義(関ジャニ∞)などジャニーズ事務所の人気タレントを迎えて、大きな話題性を呼んでいる。
ストーリー
 物語は、藤田まこと演じる中村主水が江戸の裏家業の元締・鹿蔵によって仕事人グループに入るところから始まる。そこから飾り職の秀(三田村邦彦)や三味線屋勇次(中条きよし)などの華麗な殺し方をする仲間とともに、弱者の晴らせぬ恨みを請け、悪人を次々と闇に葬っていく。

 シリーズごとに仕事人チームは解散するのだが、「必殺仕事人5」では組紐屋の竜(京本政樹)や花屋の政(村上弘明)などアイドル的人気を得た仕事人などを加えて再結成する。

 一話分のストーリーを大別すると、表では姑・せんと妻・りつにいびられる様子を描いたりしたコメディ編、裏家業では個性豊かな仲間とともに悪人を始末する殺し編の2部構成に分けられていた。
パチンコのキャラ紹介
中村主水(藤田まこと) 
飾り職の秀(三田村邦彦)
仕事人グループのリーダー的存在。仕事を真面目にやらず、いてもいなくても変わらない立場の人間であることから、奉行所内では昼行灯と呼ばれている。裏家業では頭はキレるし、剣術も超一流。ちなみに心形刀流と小野派一刀流の免許皆伝。実際にはこれだけ剣術を極められるかというと不可能に近いらしい。他にも英会話、書道、さらは潜水艦まで操縦できるスーパーマン。
日常は飾り職人、裏家業では黒装束に身を包み、自作のかんざしで背後か首を一突き。性格は職人らしく神経質で、情には脆い。主役を演じた「必殺まっしぐら!」では吉原の遊女・若紫を身請けするために金策に奔走する。設定上では「新・必殺仕事人」で逝ってしまう予定だったが、お茶の間の奥様方による熱烈な要望で脚本が修正され、最後まで生き残ることになった。
三味線屋勇次(中条きよし)
念仏の鉄(山崎努)
表家業は三味線屋。裏家業では三味線の三の糸(一番細い線)にろうそくの蝋を塗り、相手の首に投げつけて、吊り上げるという華麗なテクを見せる。登場回数を重ねるにつれて、高い所から飛び下りる力を利用して、相手を勢いよく吊り、糸を指で弾いた振動で絶命させる技へと昇華した。性格は「クールな遊び人かつ情に厚い」という羨ましいほど完璧な設定で、主役の主水とは反対に家庭を持たず、女遊びばかりしている。
シリーズ2作目である「必殺仕置人」の主人公。表の顔は、お上もお手上げの無法地帯「観音長屋」で骨接ぎを生業としていて、無類の女好きという享楽主義である。裏家業では超人的な指の力により、素手で相手の背骨や首などの骨を外す、通称「骨はずし」を得意とする。この骨はずしは相手に凶器である右手をぶち込んだ瞬間、画面がレントゲン映像になり、「ボキボキボキ!」とリアルな効果音とともに表現され、話題となった。

(C)松竹、ABC

>>メディアレポート一覧  

リンク>>  京楽・オフィシャルサイト Check
◇ トラックバック ◇
トラックバックURL
https://www.pachinkovista.com/trackback/?news_id=200704051108110n


◇ 関連機種情報 ◇
     CRぱちんこ必殺仕事人3