ビスタタイムズTOP / メディアレポート / メディアレポート詳細
   メディアレポート詳細
タイアップストーリー 第13回「創聖のアクエリオン」
概要
 日本のSFロボットアニメで、テレビ東京系の深夜枠で2005年4月から9月まで全26話を放送。「マクロス」シリーズでお馴染みの変形機構デザインの第一人者・河森正治氏が監督を務めた。

 あらゆる感情をエネルギーに変換し繰り出す個性的な必殺技と、司令官である不動GENのインパクトある名言、そして何よりも耳に残る印象的な主題歌で人気沸騰。深夜枠において原作の無いオリジナルアニメとしては異例の2万円以上の値段でDX超合金(バンダイ)が放送中に発売されたことでも話題を呼んだ。
ストーリー
 現在から20数年後の地球―創聖紀0011年。11年前に起きた大異変により、人類はその3分の2の人口を失っていた。その大異変によって南極の氷が溶解し、12000年前に滅びたはずの堕天翅族の地・アトランディアが出現。翼を持ち、人類よりも高度な知覚や特殊能力を有する「堕天翅族」が蘇った。彼らは生物機械兵器・神話獣を次々と人類の都市に送り込み、人間を捕獲していく。生体エネルギー「プラーナ」を入手するためである。

 一方、人類は反撃を期して、海底遺跡から3機のハイブリッド戦闘機・ベクターマシンを発掘していた。それは12000年前に堕天翅族を滅亡へ追い込んだとされる伝説の兵器である。ベクターマシンが合体することにより創聖の書に記された伝説の機械天使「アクエリオン」が姿を現す。

 アクエリオンを動かすためには、マシンの機械生命と感応、共鳴できる「エレメント」が必要だった。これを運用する特殊機関、地球再生機構ディーバはこの特異な能力のあるエレメントと呼ばれる少年少女を各地から集め、搭乗者となるべく特訓を行なっていた。その中でも特にアクエリオンの搭乗者は鋭敏な五感や純真な魂が要求されるため、10代半ばの少年少女たちが集められたのである。

 そして遂に機械天使アクエリオンと合体する時がきた…。次に滅びるのは堕天翅か、人類か…。
エレメント
ディーバ(DEAVA―Division of EArth Vitalization Advancement)
ピエール・ヴィエラ(17歳)
シルヴィア・ド・アリシア(14歳)
蘇った堕天翅族に対抗するため、大異変後に作られた特殊機関、地球再生機構ディーバ。その基地内には、エレメントやその候補者たちを育成する「エレメントスクール」がある。
性格は陽気で、スポーツ万能。17歳ながら人気プロサッカーチームの選手だったが、試合中にチームメイトや観客が神話獣にさらわれてしまった過去を持つ。2軍の女生徒から絶大な人気を誇る。
アリシア王国の王女として育てられたヒロイン的存在。念力能力を有し、性格は勝気でロマンチストのじゃじゃ馬娘。12000年前の戦いで、堕天翅アポロニアスと恋に落ちた人間の女戦士セリアンの「過去生」なる記憶を持つ。
シリウス・ド・アリシア(16歳)
アポロ(13歳)
紅 麗花(15歳)
シルヴィアの兄であり、アリシア王国の王子として英才教育を受けた。美しいものをこよなく愛し、時には詩を口ずさむロマンチスト。右腕から高速振動を発生させる能力を持ち、それを剣に伝達して強力な切断力を生み出す。
本作の主人公。アトランディア最強の守護天翅アポロニアスの生まれ変わりと噂されている。大異変時に孤児となり、厳しい環境を生き抜いてきた。野生の勘に優れ、臭覚抜群。両眼ともに視力5.0を上回る。
自称、不幸を呼ぶ女。サイコメトラーのように、物の記憶を読むことができる。学力も戦闘能力も上位の成績だが、行く先々で奇妙な事故やトラブルが多発してしまう。
堕天翅族
小天翅・双翅(フタバ)
音楽翅・音翅(オトハ)
聖天翅・頭翅(トーマ)
戦翅・両翅(モロハ)
堕天翅最後の子供天翅。その無邪気さは時として人類に大いなる災厄をもたらす。最後の堕天翅であるためか、周りの堕天翅たちは双翅に対して厳しくできず、無邪気でわがままな性格となってしまった。
女神のように美しい容姿を持ち、左腕からレースのように下がった羽を震わせたり、ハープのようにかき鳴らしたりすることで美しい音楽を奏でる。現世でのトーマの恋人で、嫉妬心も強い。
堕天翅族の若き前線指揮官。12000年前アポロニアスの許婚であった。アポロたちが操るアクエリオンと堕天翅族の戦いが始まった時、永い眠りから覚醒。戦いを続けていくうちに心に微妙な変化を見せるようになる。
虫のような形態と剣状の腕を持つ戦闘型堕天翅。非常に好戦的で、トーマをライバル視している。
アクエリオン
 12000年前に、堕天翅族を裏切って人類に味方した、最強の守護天翅アポロニアスが乗っていたと言われる機械天使。3機のベクターマシンが合体する時に、エレメントは3人の感覚全てがシンクロし、大抵恍惚状態になる。エレメントにより、必殺技が変化する。
アクエリオンルナ
全高/46.2m 重量/88t
ソーラーアクエリオン
全高/48m 重量88t
アクエリオンマーズ
全高/51.5m 重量/88t
ベクタールナがヘッド・ポジション。女性エレメントが搭乗することが多い。大型の弓を装備することもある。
ベクターソルがヘッド・ポジション。パイロットの持つ格闘術の能力を引き出す。破壊力重視のロボット。
ベクターマーズがヘッド・ポジション。剣を武器に持つ。どんなに不利な体勢からも相手を一刀両断できる。
>>メディアレポート一覧  

リンク>>  SANKYO・オフィシャルサイト Check
◇ トラックバック ◇
トラックバックURL
https://www.pachinkovista.com/trackback/?news_id=200711091037090n


◇ 関連機種情報 ◇
     CRフィーバー創聖のアクエリオン