ビスタタイムズTOP / 展示会レポート / 展示会詳細
  展示会詳細
山佐『パチスロ「バイオハザード」』試打レポート
サバイバルホラー・パチスロ登場
 2008年7月中旬にホールデビューを飾る山佐の『パチスロ「バイオハザード」』。同名の超人気ゲームとのタイアップ機となっている本機は、予てよりその動向が注目されていた。増殖、潜伏するというART「biohazard」とは? そして「CODE:119.5」の意味するものとは…? その全貌に迫る。
「バイオハザード」シリーズとは?
 1996年にカプコンより第1作目がプレイステーション用(後に様々なハードに移植された)で発売されたゲームソフトであり、「サバイバルホラー」という全く新しいジャンルを確立した。続編や完全版を含めたシリーズの累計販売本数は全世界で3450万本以上(2008年2月29日現在)を誇る。なお、「バイオハザード」とは有害な生物(細菌や生物兵器)による災害のことを指し、同シリーズではそれを軸としてストーリーが展開されている。

 パチスロ版となる本機では、ゲーム版最大の売りである「いつ、どこで、何が起きるかわからないスリルと緊張感」、「終わりの見えない恐怖」を新型ART「biohazard」の搭載により見事に再現している。いつでも、どこからでも発生するARTが上乗せによる増殖や前兆を伴った潜伏などを繰り返しながら連チャンして行く様は、まるでARTが次々と感染・拡大していくかのよう。ART「biohazard」とボーナスが絡み合った際の出玉はまさに圧巻で、ゲーム版に勝るとも劣らない興奮を与えてくれるはずだ。
滞在モードがART当選の鍵を握る!
 本機では1ゲームあたり約1枚の増加が見込めるART「biohazard」が出玉の核を担っており、滞在モードによってその当選率は大きく変化する。上記のフローは、モード移行を簡単に纏めたものなので、参照して頂きたい。概略を説明すると、通常ゲーム時はART当選期待度の異なる通常と高確率ゾーンに分かれており、ボーナス及びチャンス目で高確率ゾーンへ移行、ゲーム数の経過で通常に戻るという仕組みだ。どちらの状態でも特定役(フロー参照)でART抽選を行なうが、もちろん高確率ゾーン滞在時のほうがARTに当選しやすく、ストックにも期待できる。なお、ボーナス後は台枠ランプが点灯し、高確率ゾーンであることを教えてくれるが、それ以外の要素で外から高確率ゾーンを見抜くことは難しいようだ。

 通常・高確率ゾーンを問わず、通常時の7絵柄揃いの1部でART超高確率ゾーンである50ゲームのRT「ウェスカーモード」に突入し、この間はART当選率及び複数ストック期待度が大幅にアップ。その確率はなんと通常時の10倍以上という激アツゾーンになっているぞ。また、ボーナス中のART当選期待度もボーナス当選時の滞在モードによって変化するため、モードは非常に重要な要素と言えるだろう。

 見事ARTに当選した場合、通常orプレミアムをさらに抽選する。前者はAT+ART50ゲームが1セット(1回の当選で複数セットの当選可能性あり)のART。そして後者はなんと最低でも次回BIGまで継続するARTで、この間に当選したBIG中は生物兵器「タイラント」とのバトルが繰り広げられる。タイラントを倒すまでARTは継続し、その継続率は50%(REG時は100%継続)。どちらのARTも終了後は通常に戻るが、ARTストックがある場合は潜伏を経て再発動or終了直後に再発動となる。ステージが研究所なら、ART潜伏の期待大だ。なお、1810ゲーム付近で天井となり、プレミアムARTが発動する。
原作の世界観&恐怖を15.4インチ大型液晶にて完全再現!
洋館の不気味さ、いきなりクリーチャーに襲われる恐怖など、ゲームを完全再現した液晶。仲間からの通信やキャラクターカットインなどの演出もあるようだ。
ドアを開ける、手紙を見つけるなど、ゲームでのアクションも取り込まれている。中にはAT潜伏を示唆したり、ボーナスを告知するものも?
連続演出ではクリーチャーとのバトルが展開される。もちろん勝利=ボーナス確定だ。攻撃時の武器の種類や味方の援護の有無などで期待度が変化する他、復活パターンも用意されている。シリーズでお馴染みの「あの武器」が登場すれば、ボーナスは間近か?
ART超高確率ゾーン「ウェスカーモード」
「ウェスカーモード」は通常時の7絵柄揃いの1部で突入する50ゲームのRT。この間は専用の演出が展開される。
ドアから登場するのは? ウェスカーの台詞にも注目だ。
通過するキャラやその方向にも秘密あり? モニター全体にキャラが映し出されると…?
ズームの倍率やタイミングでチャンスを示唆。
クリスやジルが登場すると…!?
ボーナス中にもARTゲットのチャンス有り?
 ARTと並び重要な出玉要素となるボーナスだが、搭載されているのは純増約342枚のBIGと同約80枚のREGの2種類。ボーナスとの同時当選に期待できる小役は期待度の高い順にレアリプレイ(リプレイ・リプレイ・リプレイ・7)、中段チェリー、リプレイの3種類で、さらにボーナスの単独当選も存在するので、常にボーナスを期待しながら通常ゲームを楽しめる仕様になっているぞ。
ボーナス中は成立役を液晶上で完全ナビ。左リールのみナビ通りのボーナス絵柄を目押ししよう(両方表示の場合は全リール適当打ちでOK)。BIG中にナビ無し(予告音発生)ならボーナス絵柄を上段に狙い、見事ボーナス絵柄が揃えばART当選確定だ。
REG時は液晶に登場するキャラでART当選期待度が変化する。レベッカなら期待大?
新型ART「biohazard」とボーナスの連鎖が圧倒的な出玉を生み出す!
「biohazard」が発動すると、まずはATからスタート。液晶上で成立役を完全にナビしてくれるので、小役を取得しつつART突入を待とう。
「CHANCE」の声が聞こえたら、ART突入のチャンス。声がクリス(男性)ならREG絵柄を、ジル(女性)ならBIG絵柄をターゲットのついたリールに目押ししよう。残りのリールはターゲットの表示通りに押せば、7絵柄が揃い50ゲームのARTに突入だ。ART突入後は、ATと同様、ナビに従い小役をゲットすればOK。


「biohazard」は株式会社カプコンの登録商標です。
(C)CAPCOM CO., LTD. 2006 ALL RIGHTS RESERVED.
(C)YAMASA Co., Ltd. All Rights Reserved.
◇ トラックバック ◇
トラックバックURL
https://www.pachinkovista.com/trackback/?news_id=200805270946257n


◇ 関連機種情報 ◇
     パチスロ「バイオハザード」   
>>一覧に戻る