サンセイR&D CR六三四の剣RK
正統派スポーツアニメがバトルタイプで登場だ
手に汗握るバトル演出は剣道対決で展開!
 村上もとかが描く「六三四の剣」は、1970年代から少年誌に掲載されていた漫画で、剣道を題材にした正統派スポーツ漫画として人気を博した作品。そのスポーツ漫画とのタイアップとして登場したバトルスペックの『CR六三四の剣』は、剣道の対決シーンでゲームが展開していく。

 原作の漫画は少年期と青年期の2部作で構成されており、物語の展開を模した形でモードが用意されている。幼少期は通常モード、少年期はラウンド中、青年期はバトルモードとなっており、時短中は少年or青年モードとなっている。六三四の成長を描くストーリー性を再現しつつ、上手くゲーム性に組み込んでいるのだ。

 盤面上には一際目立つ面役モノが搭載されているが、この面の奥には常に人物の表情が描かれている。主役の六三四だけでなく、父の栄一郎や、敵のキャラクターなども出現し、リーチに予告にと臨場感を表現するのに一役買っている。また、画面上に大きくせり出すように可動するとよりチャンスとなり、信頼度の高いアクションが発生するチャンスとなるぞ。
盤面に配置された面役モノの中にいるキャラの表情などは様々に変化していく。女性のキャラや十一などの変わったキャラも出現する可能性があるので見逃しは厳禁だ!
通常時の突通非搭載でガッカリ感は激減!
ラウンド中には少年時の六三四と永遠のライバルとなる修羅との決戦が展開し、通常絵柄の大当りでも勝てば終了後には青春バトルモードに突入する。ラウンド中も目が離せないぞ。
 『〜RK』のスペックは大当り確率398.5分の1、確変突入率は80%のバトルスペック。ヘソ入賞と電チュー入賞で振り分けの異なるタイプで、ヘソ入賞からは15ラウンド通常が20%、突確が35%、15ラウンド確変が45%となっており突通は発生しない。電チューからは突通が20%、突確が15%、15ラウンド確変が65%となり爆発力は十分だ。

 通常時の予告演出などは親しみやすいキャラクターで展開し、予告演出も多彩でバトルスペックながら飽きさせない工夫が施されている。腕試しミッションに突入すると特殊な演出に変化し、このモードでは30回転ごとにプレイヤーの判断でミッション継続と終了を選べるという新システムにも注目したい。

 本機最大の山場となる、一旦突入すれば高い継続率で連チャンの期待が持てる青春バトルモードは、青年期の六三四がライバル達と戦う演出で展開していく。細かなせめぎ合いの描写もあり、実戦さながらの臨場感でバトルを楽しむことができるぞ。
(C)村上もとか/小学館
パチンコ・パチスロ機種検索
パチンコ パチスロ
機種名