KPE beatmania
ゲームさながらにレバーとボタンでビートを刻め!
BIG中はビートマニアで遊べる!
左手の中指などでMAXBET、手首でレバー、親指で第1停止ボタン。右手は第2&第3停止ボタンという配置が良いようだ。AAA評価を目指してビートを刻もう! ちなみに、選曲時に全ての停止ボタンを同時に押せばハイスピードモードでプレイできるので、HARDで物足りない猛者はチャレンジ!
 本機はゲームセンターで人気を博した音ゲーの金字塔「ビートマニア」とのタイアップ機。筐体のレバーが赤色でMAXBETが青色になっていることからも想像できるだろうが、BIG中にはこれらの操作部を使ったビートマニアが遊べるぞ。

 ビートマニアは落下してくるバーと下の赤いラインが一致した時に対応した場所を押していくことで音を奏でるゲームだ。選択できる楽曲は11曲あり、それぞれEASY・NORMAL・HARDという3段階の難易度から好みのものを選択可能。プレイした得点を競っていく訳だが、高設定ほどグルーヴゲージが溜まりやすいといったパチスロならではの要素もあるぞ。

 パチスロとしてのシステムはATとARTを搭載したタイプで、ボーナスは約273枚を獲得できるBIGと約56枚を獲得できるREGが存在する。BIG後にはもれなく100ゲームのART「レイヴタイム」に突入し、1ゲームあたり0.3枚の速度でコインを増やしつつ連チャンを待つことができるぞ。
ATは通常時やビーマニステージから突入!
 BIG後に突入するARTはボーナス成立か100ゲーム消化で終了する他、黒チェリー入賞でも終了してしまう。予告音と共に筐体上部のLEDランプが白く光ったら、左リールに白7絵柄を狙って回避しよう。

 AT「トランスモード」は通常時のスイカなどで抽選されており、30ゲーム以上継続する。ARTの様に3択ベルのナビが発生するのでコイン持ちがアップするぞ! また、ビートマニアのゲーム画面が出現するビーマニステージならAT突入の大チャンスだ。

 ボーナスと小役の同時抽選は全ての小役で行なわれており、リプレイ→共通ベル→黒チェリー→3択ベル→赤チェリー→スイカの順で期待度が高まる。特に赤チェリーとスイカの期待度が高く、スイカはATも期待できる激アツ小役だ。
ビーマニステージからは60%以上の確率でATに突入するため激アツ。このステージにはステージ移行時の一部で突入する仕組みだ。また、REG終了時は50%以上でATに突入するぞ!
(C)1999 2007 Konami Digital Entertainment Co., Ltd. (C)2008 KPE