オリンピア CR夕陽のガンマンHV1
西部劇の金字塔を打ち建てた名作がパチンコになって登場!!
「夕陽のガンマン」が演出のベース!
 イタリア製西部劇、通称「マカロニウエスタン」の最高傑作との呼び声高い「夕陽のガンマン」が堂々のパチンコデビュー。古き良き時代のハードボイルドなキャラクターたちと秀逸なストーリーが見事に再現された機種となっている。

 本作は、主人公のクリント・イーストウッド扮する射撃の名手モンコ、そして彼を取り巻く好敵手や仲間たちが、街を荒らす賞金首をバッタバッタとやっつける痛快ストーリーだ。本機では、予告・リーチに実写映像がふんだんに使用されており、大迫力のアクションを展開させているぞ!

 プレイヤー参加型のボタン演出も存在し、特に「ガンマンモード」と「夕陽のガンマンモード」は秀逸! 共に潜伏確変の可能性があるモードで、ガンマンモードよりも夕陽のガンマンモードの方が期待度は高い。両モードともいわゆるミッションモードを兼ねているので、次々に現れる賞金首をボタンPUSHで撃ちまくろう。賞金$10,000を獲得すれば大当りとなるぞ。
実写でも様々なタイミングで登場するモンコ。渋めの出で立ちだが、プレイヤーにとって重要な役割を担う。もちろん、どのアクションで登場しても実写映像は激アツとなっているぞ!
わかりやいゲーム性だが破壊力は抜群!
大人数相手のバトルも魅力的だが、何といっても1対1が西部劇の醍醐味。「DEAD OR ALIVEモード」での宿敵サンターナとの対決は、コイントスやカウントなど対決の王道を見ることができる。
 注目すべきポイントは、何といっても驚異的な確変継続率だ。スペックは2種類用意されており、大当り確率399.8分の1、確変突入率85%(突確10%)のMAXタイプ『〜HV1』と、大当り確率309.3分の1、確変突入率80%(突確13%)のミドルタイプ『〜SD1』がある。どちらも高い確変継続率を有しており、一撃の破壊力は相当なものだぞ!

 大当りの振り分けは、両スペック共に16ラウンド確変が50%、5ラウンド確変は『〜HV1』が25%、『〜SD1』が17%となっている。また確変中、2ランンド通常に当選することによって「DEAD OR ALIVEモード」が終了し、80回転の「リベンジモード」へと突入する。2ラウンド通常の割合は『〜HV1』が15%、『〜SD1』が20%となっているぞ。

 リベンジモード中は確変の可能性もあるので、DEAD OR ALIVEモードでのバトルに敗れてしまっても大当りの可能性があり、ドキドキが損なわれることのない仕様なのだ!
FOR A FEW DOLLARS MORE TM&(C)1965-2008 Alberto Grimaldi Productions S.A. All Rights Reserved.
パチンコ・パチスロ機種検索
パチンコ パチスロ
機種名