Sammy パチスロハードボイルド〜グリフォンの幻影〜
システム・演出ともにビッグスケールな仕上がり!
誰でも簡単にプレイできるART機で再登場!
 瞬発力の高いAR機として人気を博した『ハードボイルド2』が5号機で再び蘇った。この『パチスロハードボイルド〜グリフォンの幻影〜』は、ジョニーを主人公にアニメ制作・漫画連載など多方面で展開しているSammyの2008年後期主力機種。特に液晶演出には力が入っており、そのボリュームたるやパチスロ史上最高と言われるほどだ。

 また、システム面では前作のツインBIGやARTといった部分を踏襲しており、爆発力にも期待できる仕様となっている。ARTはパンクもあり得るが押し順に従えば誰でも回避できるようになっているため、初心者にも取っつきやすいぞ。

 ゲーム展開としてはボーナス→ART→ボーナス…という連鎖を狙っていく訳だが、ARTの抽選契機や通常時での高確率状態などのポイントを押さえておけばより楽しめる。しっかりとゲーム性を把握し勝負に挑もう。
「ライオン」と「イーグル」に分割されたウイルス「グリフォン」を巡ってジョニーとニーナ、ナナの3人が劉や傭兵たちと闘うストーリー。演出の種類は非常に豊富で、アニメムービーを用いた演出もある。
爆発の起点はボーナスから!
異色7揃いだとハイパーBIGかBIGチャンスのいずれかになるが、ハイパーなら10枚役成立時のナビが発生。獲得枚数がアップする上にART抽選のチャンスも増える(単独10枚役は入賞時に抽選)。
 ART「バレットラッシュ」はボーナス成立時やボーナス中などに抽選され、1回の当選で50・150・500ゲームのいずれかが選択される。3択10枚役のナビが発生し1ゲームあたり約+1枚となっており、途中でボーナスに当選しても終了せず、残りのゲーム数を消化できる。パンク役は「リプレイ・リプレイ・スイカ」の特殊リプレイと1枚役になっているが前者は押し順ナビによって容易に回避でき、後者も小役狙いをしていれば問題なく回避できるぞ。

 ARTの抽選契機はボーナス成立時・ボーナス中・昇格の3つとなっており、ボーナス成立時の抽選は通常時の滞在状態が影響する。同色7揃いのプレミアムハイパーBIGは状態に関わらずART当選確定(150ゲーム以上)だが、異色7揃いのハイパーBIG&BIGチャンスは低確だとハズレもある。ただし、高確率状態である「ハイウェイゾーン」中の成立ならハイパーBIG&BIGでもART当選が確定するぞ。なお、REGに相当するミッションボーナスだとART突入はローチャンスとなるが、ART中のボーナスなら全て上乗せ確定となる。

 ボーナス中のART抽選契機は、プレミアムハイパーBIG中とミッションボーナス中はチェリー・BAR揃い・ハズレ(確定)の3つ。ハイパーBIG&BIGチャンスなら前述した3つに加えて単独10枚役や単独ベル、スイカも抽選契機となる。ハズレを除いて最も期待度が高いのはBAR揃い、次いで単独10枚役だ。
バレットラッシュが終わっても再び突入する可能性あり!
 ART抽選契機の1つである「昇格」とは、ボーナス後ART非当選時やART終了後に突入するハイウェイゾーンでの昇格抽選のこと。これらのハイウェイゾーンは通常時からのハイウェイゾーンと異なり、リプレイ確率が上がった状態であるためパンク回避ナビが出ない点以外はARTと変わらない。

 ここで小役成立時に昇格抽選が発生する訳だが、大まかな期待度は1枚役→単独ベル→チェリー→自力パンク回避(リプレイ・リプレイ・スイカ回避)→スイカの順で高くなっている。スイカでも昇格はあまり期待できないが、サブ要素として頭に入れておこう。

 なお、通常時から突入するハイウェイゾーンでは1枚役・チェリー・単独ベル・スイカ・3連続リプレイでARTの抽選が行なわれる。当選すればテーブルから継続ゲーム数が選択される仕組みだ。
ハイウェイゾーンではニーナが急ブレーキを踏むと終了のピンチ。ボーナス後・ART終了後のハイウェイゾーンなら自力パンク回避からの昇格もある。
▼ メニュー [パチスロハードボイルド〜グリフォンの幻影〜]
(C)Sammy