高尾 CR新くのいち忍法帳SXF
萌えくのいちが活躍するコミカルパチンコ!
『くのいち忍法帳』が9年ぶりに復活!
 1999年に高尾から登場した初代『くのいち忍法帳』シリーズが、新たに萌え要素を追加した新キャラを採用して復活。初代は一部ファンに人気だったが、今回は萌えファンをターゲットにしての登場となっている。

 大きく変わった所といえば、当時はあまり見られなかった大きな役モノを搭載し、様々なアクションが展開する点。液晶上部には扇形に広がり目映い光を放つ「閃光牡丹役モノ」、液晶前面に突如現れる「蝴蝶巻物役モノ」の2つが搭載され、予告やリーチでド迫力の動きを見せるぞ。

 演出面ではボタンプッシュ型のアクションが充実しており、「くのいちスロット」では実際のパチスロ同様に、リールを1個ずつボタンで停止させていく。また、修業モード中には特訓が3種類存在し、タイミング押しや連打でアクションが展開していくぞ。
発光系役モノとして液晶右脇に配置された「くのいちランプ」は、リーチ中にボタンを押すことで色が順に変化していく。最終的にレインボーに変われば激アツの展開が待っているぞ!
最強のくのいちたちをまとめる主役はぼたん!
色々なくのいちが活躍するが、「ナースの帽子」を被ったくのいちや、「めがねっ娘」らしきくのいちはかなり狙っているだろう。心を鷲掴みにされちゃう男子が増えそう!?
 「忍・法・帳」がキーワードとなる本機だが、変動中にこの絵柄が揃うと様々なアクションに発展していく。修業モードへの移行や、並び順が違う場合はからくりリーチ発展が濃厚となっているのだ。

 液晶演出は、ボタンが率いる5人のくのいちが活躍するアクションがメイン。「華吹雪リーチ」は人数が増えるほどライン数も増えるマルチリーチとなっており、最後のぼたんまで出現すると最大の5ラインで展開する激アツリーチとなる。その他にも5人が揃った「カットイン予告」、「黒幕リーチ」などでも5人は力を合わせて活躍するぞ。

 また、本機にも高尾のオリジナルキャラはたくさん搭載されており、お馴染みのアヒルやキレパンダ、羊やななみ、フェニックスマークなどが出現する。一瞬で消えてしまうものから派手に出現するものまで様々あるが、プレミアムだけに見るには打ち手の引きの強さが重要だ。
パチンコ・パチスロ機種検索
パチンコ パチスロ
機種名