高砂 鬼浜爆走紅蓮隊 爆音烈士編
mixiチェック
鬼浜爆走紅蓮隊 爆音烈士編,愚連隊,紅連隊,愚蓮隊
(C)ABLIT (C)SYSCOM
   PANEL CHANGE   
役構成
BIG BONUS
342枚を超える払い出しで終了
BONUS GAME
6ゲームで終了
男気ミッション
252枚を超える払い出しまたはSBorBG入賞で終了
SINGLE BONUS
9枚
REP
REP
REP
設定 ボーナス合成確率
1 1/75
2 1/74
3 1/72
4 1/72
5 1/70
6 1/72
福岡県公安委員会検定通過状況(2008年09月16日付)
アビリット/2008年12月導入開始/設置期限2011年9月/5号機/RT/3枚がけ専用機/1ライン
  3つのボーナスとARTが複雑に絡み合う!
  機種コメント
4号機時代、秀逸なゲーム性と個性的なキャラクターで人気を博した『鬼浜爆走愚連隊』の後継機が遂に登場した。本機はゲーム性の面で大幅な変化を遂げており、ART「カッ飛びRUSH」が出玉の鍵を握っている。ARTは「BIG中の赤7揃い」or「ボーナスゲーム中の対決に勝利」or「男気ミッションをクリア」のいずれかの条件を満たすことで突入し、1ゲームあたり約2.0枚の増加が見込める。ART中は警官の吹き出しと同色のボーナス絵柄を左リールに狙いパンクを回避しつつ、液晶とランプのナビに従い3択9枚役を獲得すればOKだ。そして、ART中にボーナスが成立すればART上乗せの大チャンス。特にART中の男気ミッション入賞で突入する「ブッちぎりっ!ターボ!」は毎ゲーム上乗せ抽選が行なわれ、完走すれば最大で約350ゲームもの上乗せが可能だ。なお、本機のARTはゲーム数管理となっているため、ART中のボーナスは引けば引くほどお得となっているぞ。
  通常時の打ち方
全リール適当打ちで小役の取りこぼしなし
もっと見る

  機種レビュー
  ゼット
 
前の『鬼浜』はあまり相性が良くなかった…そんなことを思い出させてくれる懐かしさがあります。演出面では液晶2枚組による表現が上手くていいですね。前作の演出を盛り込んで、さらに演出を増やしているというのもGOOD。システム面ではボーナス確率を高くしてARTに比重を置いているのも、低投資&高期待で良いです。しかしこのタイプ、ボーナスを引けなかったりARTが続かないと、ストレスがマッハで溜まるんですよね。ホールが上手く使えればいいんですが…。
オススメランク:
  サブ基板・F
 
4号機で大人気を博した『鬼浜爆走愚連隊』の続編だけに演出の出来は完璧。ゲーム性は5号機仕様に大きく様変りしたけど、流行の激速ARTを搭載して出玉性能も高いし、十分に楽しめるんじゃないかな。低迷しているパチスロ人気に活を入れてくれること間違いなしなんで夜露死苦!!
オススメランク:
  伊藤真一
 
5号機にしてはかなり激悪なコイン持ちとなっているため、通常時がキツいです。全てはRUSH突入にかかっており、かなり波の荒い仕様となっているようです。1000枚ぐらいはカンタンに出る反面、カンタンに1000枚飲まれます。内部仕様の詳細がわかってから打った方がいいかもしれません。4号機時代の人気再び…ということになるのでしょうかねぇ。
オススメランク:
  じろ
 
「もうすぐ出る、出る」と噂されてから実際に発表されるまでものすごく時間のかかった機種。正直、発表された時は「やっとか…」という今さら感すらあった。でも、いざ実機を見てみたらそんな思いも吹き飛んだね。というのも、この機種がとことんこだわって作った機種だったから。その辺の「ただ同じキャラクターを使えばいいや」で作った後継機とは大違い。前作の爆裂のイメージを壊さないように、極限までARTの性能を高めさせ、世界観も踏襲するだけじゃなくて思わずもっと知りたいと感じるほど広がりを見せている。演出もゲーム性もここまで作りこんだら、そりゃ時間もかかるってもんさ。完璧!
オススメランク:
  QRコード