タイヨーエレック CRシンデレラボーイ2〜シンデレラコードを奪還せよ〜乱馬ver.
モンキー・パンチの「シンデレラボーイ」が再びホールに!
乱馬とレラがシンデレラコード奪還に奮闘!
 「ルパン三世」などでお馴染みのモンキー・パンチ原作の「シンデレラボーイ」とのタイアップ機が5年の時を経て、再びホールに登場。『〜シンデレラコードを奪還せよ』は、遊びやすさを追求した2つの新感覚ミドルスペックが最大のポイントとなっている。

 アクションでは原作でも最大のポイントの「乱馬とレラが入れ替わる」場面を、信頼度大幅アップ演出として搭載。乱馬とレラが1つになった秘密を握るシンデレラコード奪還を目指す「サンドリオン潜入リーチ」は、様々なアクションパターンが用意されている本機最大の見所だ。

 役モノによる演出も多彩で、画面下に配置された「カプセル役モノ」は、様々な予告と連動して可動。盤面上の「弾痕LED」は主に擬似連予告と連動して発光し、様々な場面で演出を盛り上げる。画面右に配置された「カード役モノ」は主に「R&Rリーチ」でグルグルと回転する他、色々な演出でも可動する。画面上部に配置された「ロゴ役モノ」は振動や発光で単に演出を盛り上げるだけでなく、轟音と共に落下すれば超激アツの一発告知となっているぞ。
カプセル役モノ可動時は発光する色にも注目。赤なら信頼度がアップし、レインボーなら超激アツだ。「BIGボーナス」を一発告知する発光パターンなども用意されているぞ。
『〜レラver.』は転落抽選がある変則スペック!
「R&Rモード」は『〜乱馬ver.』では確変確定で次回までの電サポとなる。一方の『〜レラver.』では100回転の電サポが確定するが、確変は転落するまでとなっている。
 遊びやすさを主眼においた2つの新感覚ミドルスペックで登場した本機。メインとなるのは『〜乱馬ver.』で、大当り確率293.5分の1、確変突入率64%、出玉はBIG&REGボーナスが約1439個、ランクアップ形式の「シンデレラボーナス」は約442or895or1439個。全ての大当り終了後に100回転の時短が搭載されているミドルタイプだ。

 「16ラウンド確変・シンデレラボーナスの16ラウンド分・10ラウンド分・5ラウンド分・2ラウンド確変電サポナシ・2ラウンド確変電サポアリ」の大当り内訳は、低確率ヘソ入賞時が「11%・10%・5%・5%・30%・3%」、潜確中ヘソ入賞時が「11%・10%・5%・5%・3%・30%」、電チュー入賞時が「23%・22%・13%・5%・0%・1%」となっている。

 ライトミドルとして登場した『〜レラver.』は、大当り確率139.5分の1、確変中大当り確率13.9分の1、確変突入率は100%で転落抽選確率は14.7分の1、出玉はBIG&REGボーナスが約1039個、シンデレラボーナスが約119or1039個。全ての大当り終了後に20or30or100回転の時短が付く。

 「16ラウンド時短20回・16ラウンド時短30回・16ラウンド時短100回・シンデレラボーナスの16ラウンド分・2ラウンド分・2ラウンド出玉ナシ電サポナシ」の大当り内訳は、低確率ヘソ入賞時が「38%・16%・8%・3%・1%・34%」、潜確中ヘソ入賞時が「0%・0%・62%・3%・1%・34%」、電チュー入賞時が「0%・0%・50%・15%・35%・0%」となっている。このスペックによりシンデレラモード突入時のループ率は74%オーバーと強力だぞ!
▼ メニュー [CRシンデレラボーイ2〜シンデレラコードを奪還せよ〜乱馬ver.]
(C)2003 モンキー・パンチ/シンデレラボーイ製作委員会
機種関連NEWS
パチンコ・パチスロ機種検索
パチンコ パチスロ
機種名