ニューギン CR花の慶次〜斬N2−VG
mixiチェック
CR花の慶次〜斬N2−VG,花の慶事
(C)隆慶一郎・原哲夫・麻生未央/NSP 1990, 版権許諾証GC-308
大当り絵柄
大 当 り 絵 柄
基本スペック
賞球数 3&8&9&10
通常時大当り確率 1/115.75
確変時大当り確率 1/11.58
確変スペック 80%
平均出玉 5R(下アタッカー):約320個
大儀であった!!ボーナス(上アタッカー):約1130個
ランクアップボーナス(上アタッカー)16回開放:約340個
24回開放:約460個
ラウンド・カウント数 5or8or16R/8C
ラウンド振り分け 2R確変(上アタッカー):10%
5R確変(下アタッカー):54%
16R確変(上アタッカー):8%
ランクアップボーナス(上アタッカー)16回開放:6%
24回開放:2%
時短 全ての大当り終了後20回(ただし、電サポナシ時の2R当り後は除く)
広島県公安委員会検定通過状況(2010年05月31日付)
ニューギン/2010年9月導入開始/設置期限2013年5月/CR機
☆CR花の慶次〜斬 ■CR花の慶次〜斬N2−V ■CR花の慶次〜斬N2−VG
  花の慶次が新たな修羅の道へと突入した!
  機種コメント
「花の慶次」シリーズ2作目にあたる『花の慶次〜斬』の新スペックマシンがニューギンより登場した。通常時、確変中共に大当り確率が大きくアップしており、最大の魅力である「真戦モード」をより身近に、スピーディーに楽しむことができるようになっている。また、大当りの構成も若干変化しており、「ランクアップボーナス」の開放回数が16or24回のみとなった代わりに、上アタッカーがフルオープンする「大儀であった!!ボーナス」を新たに搭載。プレミアムの「聚楽第リーチ」を始め、「大儀であった!!」の文字と共に天下人・豊臣秀吉が登場すれば超激アツだ。更に、大儀であった!!ボーナスを重ねることで「百万石の極当り」「風流仕候(ふうりゅうつかまつりそうろう)」などのプレミアムラウンドが出現する。他にも、「キセル予告」発生時に「よっしゃあー!」の声が響いたり、真戦モード中のボタンプッシュで朱槍可動体が画面を切り裂くアクションが発生するなど、多数の新演出が搭載されているぞ。
  機種レビュー
  福助
 
リーチハズレ後の復活演出「だが、それがいい」が堪りません。前作で原作ファンが感じたであろう「なぜ、あの名セリフが出ないの?」という不満はだいぶ解消されたんじゃ? 真戦モード中の演出パターンが豊富になったのも○。特に盤面の左側が虹色にフラッシュする一発告知はヤバイです。流行に便乗しただけのしょーもない演出だと思ってたんですが、ハラハラの局面で鳴った時の安心感は格別です。連チャン中はホントアツく楽しめると思いますよ。ただ、複雑になったモード移行や若い頃の志村けんさんにしか見えない慶次のCGはいただけませんねぇ。
オススメランク:
  コモソ
 
いや〜、出ましたね。といっても、2月末には直営店に入ってたんだけど。出来は凄〜くいいと思います。前作同様に楽しめるんだけど、色々な部分に手が加えられていることで新しい発見がある。しっかりと作り込んであるよ。これなら、まるごと本を作っても、読者に飽きられることなく、色々な情報を詰め込めるね。あちらこちらからタイアップ本が出るけど、狙っているのはGWあたりの発売。見かけたら手にとって見て下さい。『〜斬』で一番好きな演出は、やっぱり風魔小太郎リーチかな。
オススメランク:
  らいむ
 
初代『花の慶次』よりも演出が多彩になって、慶次の世界観が増した気がします。また、台枠がシャンパンゴールドなのも素敵です♪ これならカップルで打っても楽しめるんじゃないでしょうか。個人的にお気に入りなのは液晶右下に配置された「前田家紋可動体」で、七色に光っても信頼度がさほど上がる訳ではないけど、光るだけでなんだか癒される感じがします。ハイスペックなのが難点ですが、是非、一度は打ってみてほしい機種ですね。
オススメランク:
  QRコード