ニューギン CR花の慶次〜斬N2−VG
花の慶次が新たな修羅の道へと突入した!
真戦の勝利で「漢花」がホールに鳴り響く!
 2007年7月に登場しホールを席巻したニューギンの『CR花の慶次』の後継機が遂に登場! 発表に先だってCMなどでプロモーションを展開しており、多くのファンが待ちわびていた『CR花の慶次〜斬』は、魅力的なバトルスペックはそのままに、演出を大きくパワーアップさせての登場だ。

 原作となる「花の慶次」は、老聴賚沙瓠原哲夫氏のコンビで描かれた人気コミックで、1990年から1993年まで週刊少年ジャンプに掲載されていた。戦国時代に生きる前田慶次という傾奇者の天下無双な生き様が描かれており、初代の影響や武将萌えのブームもあってか、現在も非常に人気の高いコミックスとなっている。

 初代で大人気となりカラオケなどでも歌われているのが角田信朗氏が歌う「傾奇者恋歌」と「漢花」だが、氏は本機では新たに「よっしゃあ漢唄」を歌っている。その他にも日野あずきさんの歌う「ひとひらの花」「煌き」といった新曲が加わりBGMもさらにパワーアップしているのだ。
本機で新たにキーワードとして使われているのが「だが それがいい」。リーチハズレ後などに慶次が出現してこの一言を発すれば復活の大当りとなる新たな演出が加わった。
進化したランクアップボーナスαを搭載!
サプライズ演出が増えている本機だが、「殿モード」突入時にもサプライズ復活演出が新たに加えられた。「ガッカリ」が「ビックリ」に変わる新たな演出は嬉しさ爆発だ。
 スペックは『〜H6-V』のみで、大当り確率は399.25分の1、確変突入率は80%となっている。大当り出玉は「ランクアップボーナス」16回開放で約550個、32回開放で約1100個、48回開放で約1470個、「天下無双ボーナス(16ラウンド大当り)」で約1520個程度だ。時短は「真戦モード」終了後に100回付いている。

 今回加わったのが「ランクアップボーナスα」という新システムだ。最初は通常のランクアップボーナスと同様のアタッカー開放だが、突如秀吉が出現して「大儀であった」の画面が出ればそこからアタッカーがフルオープンに変化する。同じくサプライズ演出で「傾奇者」絵柄停止から天下無双ボーナスにジャンプアップすることもあるぞ!

 中絵柄に傾奇者絵柄が停止すると突入するのが「傾奇ゾーン」「極傾奇ゾーン」だが、本機では新たに「雅傾奇ゾーン」と「茜傾奇ゾーン」が増えた。さらに中絵柄に「穀蔵院一刀流」絵柄停止で突入し、極傾奇ゾーンと並び潜伏確変の期待度が高い「朱槍の刻」も新たに搭載されている。
「戦の主役は慶次だけじゃない」と四武将が活躍!
 真戦モードと名前を一新したバトルモードは新演出も盛りだくさん。城門に到達してホッとしていると城門からわらわらと出現する「敵殲滅演出」が新たに加わった。負けることは無いが演出の分岐が増えたことにより単調な演出が続く可能性はかなり低くなっているぞ!

 真戦モードの新演出で嬉しいのは四武将が活躍する「もののふ演出」。真田幸村・伊達政宗・奥村助右衛門・直江兼続らが慶次の窮地を救うために出陣する演出だ。それぞれ実在の武将だけにファンも多くいるので、武将たちが慶次を救うという新たなシーンが見られるのは嬉しいところだ。

 また、四武将にはそれぞれのリーチが存在するが、前作とは異なり四武将リーチに激アツリーチのSPバージョンが加わった。これにより以前の通常パターンは若干信頼度が落ちたが、それだけに発展した時の期待感はピカイチ。さらにストーリー系リーチでは慶次と死闘を繰り広げた風魔小太郎のストーリーリーチも新搭載されているぞ!
真戦モード中に現れる小さなチャンスキャラも見逃し注意。紅軍が攻め込まれて危険な状況である「本陣急襲」の場面でも、「直江プッシュマン」がいれば百人力だ!
(C)隆慶一郎・原哲夫・麻生未央/NSP 1990, 版権許諾証GC-308
機種関連NEWS
パチンコ・パチスロ機種検索
パチンコ パチスロ
機種名