ビスティ ヱヴァンゲリヲン〜真実の翼〜
最新エヴァは第3のRT「ビーストモード」搭載!!
ゲーム性は『〜まごころを、君に〜』に一番近い!?
 5号機で一番のヒットシリーズとなった「新世紀エヴァンゲリオン」シリーズ。その最新作『ヱヴァンゲリヲン〜真実の翼〜』が、遂にデビューを果たした。本機はART機能を搭載していないノーマルタイプというゲーム性はそのままに、新たな演出やRTを搭載している。

 中でも一番の新機能と言えるのはREG後に必ず突入するRT「ビーストモード」だ。1ゲームあたり約0.3枚増となるビーストモードは、特殊リプレイ成立orボーナス成立まで継続。そして、100ゲーム間どちらも成立しなければ、1ゲームあたり約0.5枚増のRT「覚醒モード」に昇格し、次回ボーナス成立までコインを微増させながらプレイできる。

 また、天井RT「暴走モード」に関しては前作『〜魂の軌跡〜』を踏襲しており、突入すると1ゲームあたり約0.5枚増のRTが次回ボーナスまで継続する(覚醒モードに昇格する可能性もあるが、純増枚数に変化はない)。天井ゲーム数はBIG後なら1000ゲーム、ビーストモード後なら800ゲーム。REG後は、REG終了からのゲーム数ではなく、ビーストモード終了からのゲーム数なので注意しよう。
ビーストモード中は、とにかく特殊リプレイが成立しないことを祈ろう。ハマリをRTで回避できれば、ボーナスのヒキが弱くても十分勝利を得ることが可能だ。
今作でも強スイカはボーナス同時成立の期待大!
BIG中に1回14枚役を獲得した後の強スイカ&14枚役成立時は全てスイカで獲得しよう。14枚役獲得後は「チャンスよ!」ナビが発生しないぞ。
 小役とボーナスの同時成立期待度は、リプレイ→ベル→弱スイカ→チェリー→強スイカの順に高くなる、今まで通りの仕様。もちろん、単独ボーナスもアリだ。チェリーやスイカが成立した時は、アツめの演出発展に期待しよう。

 前作までのシリーズ同様、本機も通常時の小役狙いの有効性は高い。手順はほぼこれまで通りだが、右リールのBARとスイカの位置が逆転している箇所があるので要注意。このため、スイカの強弱を見極めるには、順押しよりハサミ打ちでプレイする方が容易となる。

 なお、BIG中の技術介入に関しては、『〜魂の軌跡〜』と同じ。1回だけ14枚役を獲得すれば、スーパーBIGならMAX402枚、ノーマルBIGならMAX259枚獲得可能となる。強スイカと同時成立している14枚役は中or右リールから止めないと揃えられないので、アスカの声で「チャンスよ!」とナビされた時は、必ず逆押しor中押しで消化しよう。

(C)カラー (C)Bisty
(C)カラー (C)Bisty
機種関連NEWS
パチンコ・パチスロ機種検索
パチンコ パチスロ
機種名