SANKYO 夢夢ワールドDXII
前作の遺伝子を受け継いだ爆裂ART機が遂に始動!!
継続率管理型とゲーム数上乗せ型のハイブリッドエンジン!
 4号機の末期に登場するや否や類い希なる連チャン性能と誰でも安心してプレイできるゲーム性で人気を博した『夢夢ワールドDX』が、5号機ならではのゲーム性を引っ提げ再びホールへ帰ってきた。

 本機のART「DX TIME」は1セット40ゲーム+6ゲームの継続バトルで構成されおてり、1ゲームあたり約1.4枚の増加が見込める。ARTは継続率で管理されており、その割合は39or66or77or91%の4種類。40ゲーム消化すると突入する継続バトルに勝利すればART継続確定となる仕組みで、レア役に当選するとゲーム数上乗せ抽選が発生する。上乗せ期待度はメロン→弱イチゴ→チャンス目→強イチゴの順にアップし、ボーナス成立の場合は上乗せ確定。上乗せがガンガン発生すれば、一撃で大量獲得も可能となっているのだ。

 また、ART中の3択リプレイ成立時に夢夢ちゃんのカットインが発生すればチャンスで、見事3択リプレイの押し順に正解すれば怒濤の上乗せゾーン「V-RUSH」へと突入。これはコンボを重ねるほど上乗せゲーム数がアップしていくというもので、この間はARTゲーム数の減算もストップ。一撃大量出玉の夢が大きく広がるぞ。
3択リプレイ成立時は己の勘を研ぎ澄まして「V-RUSH」を狙え!
4桁上乗せも夢じゃない究極のBIGを搭載!!
4号機から受け継がれている演出も多く、前作を打ち込んだプレイヤーなら違和感なく楽しめる?
 本機のボーナスは純増約204枚のBIGと、純増約48枚のREGで構成されており、BIGはボーナス消化中に予告音や「タッチ演出」が発生すれば赤7揃いのチャンス。赤7が揃えばART確定で、更にダブルラインで揃えば高ループを期待できる。一方のREGは前作から受け継がれた「ステップアップ演出」が展開し、夢夢ちゃん・ジャムちゃん・ナナちゃんが登場するほどART期待度がアップ。ロボパワフルが登場すれば「スロットステージ」以上が濃厚となる。

 またART中にボーナスが成立した場合はゲーム数上乗せ濃厚、BIG中(ART中はDX BIG)はブドウ以外が揃うと上乗せの大チャンスだ。そして究極のプレミアムBIGが「ドラゴンBB」で、ボーナス消化の34ゲーム間が上乗せのチャンスとなり、ため込んだ上乗せゲーム数を最終ゲームで一気に放出。4桁上乗せも十分に期待できるという仕様になっているぞ。
 
 通常時は前作から受け継がれた「原始ステージ」「航海ステージ」「未来ステージ」で構成されており、レア役成立時に周期の短縮抽選が行なわれる。ここからチャンスステージに移行すればチャンスで、「シャッターチャンス」は最大8ゲーム継続しボーナスorARTのチャンス。「スロットステージ」は最大32ゲーム継続するART高突入率ゾーンで、レア役やボーナス成立でARTのチャンス。「かっとびチャンス」はモード滞在中にボーナスに当選すれば高ループ率が選ばれやすいという特徴を持っている。なお、本機は最近のART機にしては珍しく変則押しによるペナルティが発生しないので、色々な打ち方を模索しながら楽しむこともできるぞ。