大都技研 政宗
青7の1G連が大量上乗せを呼び込む!!
ART抽選も状態移行も鍵となるのはチャンス役!
 大都技研から登場した『政宗』は、ボーナスと1セット50ゲーム+αで1ゲームあたり約1.3枚増のART「隻眼ノ乱」によってコインを増やすマシン。ART突入契機は、チャンス役(スイカ、チャンス目、弱チェリー、強チェリー、中段チェリー)成立時の抽選、BIG中の青7揃い、「奥州ボーナス」中の抽選(ハズレ3回以下は突入抽選、4回はART確定、5回以上で高継続の「秀吉決戦」も確定)、「愛姫演舞」中の自力青7揃い、通常時&ボーナス中にフリーズ発生(高継続の秀吉決戦も確定)、天井到達(ボーナス&ART間900ゲームハマリ)と多岐に渡る。

 チャンス役成立時のART期待度は低確・通常・高確と3種類存在する内部状態によって変化。その上位状態への移行はチャンス役成立後、ボーナス終了後、ART終了後、設定変更後に抽選されるので、ボーナス直後のチャンス役成立や、チャンス役が偏って出現した時などは、ART突入に期待が持てるという訳だ。なお、ボーナスと同時成立したチャンス役でもARTが抽選されるので、高確と思われる状況下でのチャンス役成立は、たとえボーナスと同時成立していてもアツいぞ(ART当選率はボーナスと同時成立しない方が若干高い模様)。

 また、チャンス役は愛姫演舞中に成立しても、その恩恵を受けることができる。というのも、約11分の1で発生する「?ナビ」時は基本的に自力押し順6択勝負となるのだが、チャンス役成立時のナビ発生抽選に当選すると、青7が揃う押し順がナビされるのだ! もちろん、ART中のチャンス役もゲーム数上乗せ抽選に大きく関与する。つまり、本機はいかなる状況でもチャンス役成立がアツいのである。
チャンス役でARTに当選した場合は前兆ゲーム数を消化してARTが発動する。大都技研のお家芸とも言える「高確率ステージ」は今作でも健在で、突入すればARTの期待大! 特に「高確率ステージ(赤)」に変化した場合は、ART期待度が飛躍的にアップするぞ!!
「秀吉決戦」突入が爆裂出玉を生む!
青7揃い時は、まず上乗せゲーム数を決定。その後、BETボタンを押してシャッターが閉まれば秀吉決戦突入となる。写真のようなデカボタン指示だと秀吉決戦突入の期待大!
 ART中は、青7揃い時、ボーナス成立時、BIG中の青7揃い時、奥州ボーナス後(ハズレ回数に応じて抽選)にゲーム数が上乗せされる。メインとなるのは青7揃い時で、シングル揃いなら30〜300ゲーム、ダブル揃いならシングル揃いよりも大きなゲーム数が上乗せされる。

 本機は同社の『秘宝伝〜封じられた女神〜』とは違い、チャンス役成立時はゲーム数上乗せ抽選ではなく、青7揃いを抽選。当選すると、前兆ゲーム数を経て連続演出勝利などで青7が揃う押し順ナビが発生し、ゲーム数が上乗せされるシステムとなっている。

 また、たとえチャンス役を引けなくても青7揃いの可能性があるのが本機の特徴の1つ。というのも、あらかじめ決められた規定ゲーム数消化や、炎高確率中&最終勝負中の押し順6択正解でも青7が揃うのである。なお、チャンス役時は抽選にハズれても残り規定ゲーム数が減少するので、ヒキ損とならない点も嬉しい。

 そして本機最大のウリといえるのが秀吉決戦である。主に青7揃い時の抽選に当選することで突入する秀吉決戦中は、突入時に決定した50%、67%、75%、80%、85%のいずれかの継続率に応じて毎ゲーム継続抽選。この抽選に当選し続ける限り、青7が1G連で揃い続けるのだ! 青7が揃うたびに30〜300ゲームの上乗せゲーム数がストックされ、総上乗せゲーム数は秀吉決戦終了時に告知される。秀吉決戦は一度突入すると一撃で3桁上乗せは当り前! 運が良ければ4桁上乗せも十分ありえる爆裂仕様となっているぞ。
(C)DAITO GIKEN, INC.