平和 CRめぞん一刻〜桜の下で〜9AU
ドラマチックパチンコ第2弾が超大作に進化して誕生!
「めぞん一刻」の魅力をパチンコ演出に凝縮!
 高橋留美子の代表作「めぞん一刻」とのタイアップで誕生した「ドラマチックパチンコ」の第2弾となる『CRめぞん一刻〜桜の下で〜』が登場。前作を踏襲しつつ、更に進化したアクションが魅力となっている。

 その最大のポイントは確変「ウエディングロード」中に用意された、全25話ものエピソード。第1弾から継承したのは9話で、実に16話もの新エピソードが追加されたのだ。もちろんどのエピソードも原作を知るファンならば、印象深いものばかりとなっている。しかも本機ではエピソードが異なる視点で展開。「五代ルート」「響子ルート」「オリジナルルート」から選択できるようにもなっているぞ。

 初当りを狙うアクションもかなり多彩で、25種類にもおよぶリーチアクションを搭載。コミカルに展開するキャラ系リーチが豊富に搭載され楽しませてくれるが、大当りに直結するのは5種類のエピソードリーチとなっている。

 もちろん、前作で圧倒的な存在感を示していた「桜フラッシュ」も進化。形状が変化してパワーアップしただけでなく、発生すれば激アツの展開になること間違いナシ。場面によっては超激アツとなっているぞ!
原作の名シーンを豊富に搭載しているのが本機の魅力。懐かしい名台詞もあらゆる場面にちりばめられているぞ。
「ウエディングロード」突入が大量出玉獲得の鍵!
お馴染みのトラ柄アクションは本機でも激アツで、あらゆる場面で出現する可能性アリ。平和キャラによるプレミアムも多数搭載されているぞ。
 本機は潜伏確変の可能性があるチャンスモードを搭載。モード移行契機「めぞんチャンス」から突入するモードは4種類で、「宴会」→「お花見」→「夜桜満開」→「告白」の順に期待度がアップ。中でも告白モードは潜伏確変濃厚となっている。モードアップ演出などで潜伏確変の可能性は示唆されるが、突入時のランプチェックは必須と言えるだろう。

 チャンス絵柄での大当り後はまず、4回転の電サポの「響子ZONE」に突入。発生する「ウエディングチャレンジ」に成功すれば確変突入、失敗すると26回転の電サポ「五代ZONE」に突入する。

 72%の確変継続率の恩恵で獲得出玉を一気に伸ばすチャンスとなるウエディングロードへは、確変絵柄大当りの他、チャンス絵柄大当り中の「桜フラッシュチャンス」に成功、上記ウエディングチャレンジに成功などからも突入する。

 ウエディングロード中のリーチはエピソードリーチorライバル系リーチとなる。エピソードリーチは発展した時点で確変確定、一方のライバル系リーチは通常大当りの可能性があり、70回転の時短「チャンスタイム」に突入する(もちろんチャンスタイム中の引き戻しによる復活も期待できる)。ミドルタイプながら一撃の爆発力も期待できるゲーム性になっているぞ。
(C)高橋留美子/小学館