平和 CRヤッターマン 天才ドロンボー只今参上!9AU
ビックリドッキリメカスペックで出玉が大爆発!
パワーアップしたヤッターマンワールドが展開!
 2008年に新たに放送された「ヤッターマン」シリーズとコラボした最新機種が登場。新キャラクターが加わってパワーアップしたヤッターマンワールドで、様々なアクションが展開されるぞ。更にタツノコプロの全面協力により、最終回の後の物語を描いたパチンコオリジナルアニメを収録。このお宝映像は16ラウンド大当り時に見られるようになっており、連チャンすることで話の続きが視聴可能になる。

 本機の主役はドロンボー一味で、ほとんどのアクションにおいてドロンボーが活躍することでチャンスとなる。ところが面白いことに、ヤッターマンとバトルするリーチアクションや「ハイパードロンチャンス」中は、ドロンボーが負けてお馴染みの爆発シーンが出現することで大当りとなる。

 見た目にもドロンボーワールドが満載されており、画面左側の「おだて豚役モノ」は様々なアクションを盛り上げ、画面上部の「ドクロリング役モノ」は落下すると大チャンス、開くことで超激アツとなる。この他にも、新感覚の「矢印役モノ」や一発告知の「パトランプ役モノ」、チャンスを示唆する「ヤッターエンブレム役モノ」などを配置。新筐体「ルピナスハート」に搭載された「ハートランプ」も演出のポイントとなっているぞ。
シャッター出現時には色をチェック。トラ柄ならもちろん激アツ、シャッターの替わりにブロック塀が出現すると…!?
「ハイパードロンチャンス」突入が大爆発の鍵!
16ラウンド大当り時には、パチンコオリジナルのアニメを見ることができる。ストーリーはAct.20まであり、完全制覇するには大連チャンすることが必要となる。
 高い爆発力が魅力となっている本機のポイントは、高確率の可能性がある2つのモードを搭載していること。出玉ナシ大当り(ドクロ絵柄揃い)時は「ドロンチャンス」を経由し、「ドロンジョモード」へと移行する。電サポナシのドロンジョモードには4つのモードがあり、滞在モードによって潜伏確変期待度が異なるぞ。

 3or7絵柄以外の大当りは「おしおきボーナス」となり、大当り後は「おしおきチャレンジ」に突入。これは右打ちでプレイする電サポアリのモードで、電サポ回数は20or40or60or80回転となっている。チャレンジ中は20回転ごとに継続をかけたシャッター演出が発生。また、背景は高確率の期待度を示唆しており、宇宙背景になれば大チャンスだ。

 3or7絵柄の大当り「ハイパードロンボーナス」や、おしおきチャレンジ中の大当り(3or7絵柄以外の大当りは「ドロンボーナス」となる)から突入するのが「ハイパードロンチャンス」。確変継続率が77%と高い上に、電チュー入賞の大当りは72%が16ラウンド大当りとなるため、連チャン&出玉の爆発力はかなり強烈だ。ハイパードロンチャンス中はドロンボーメカvsヤッターメカのアクションがメインとなり、ドロンボーたちが負けると連チャン継続が約束されるぞ。
(C)タツノコプロ・読売テレビ 2008