オリンピア 新・ドロンジョにおまかせ
約10年の時を超えて、ドロンボー一味が主役に返り咲き!?
ART中はボーナス獲得枚数もアップ! 
 4号機の名機『ドロンジョにおまかせ』が5号機となって復活! 2008年に放送された平成版ヤッターマンがモチーフとなったことにより、キャラもメカもスタイリッシュなデザインに進化&多数の新キャラが追加。懐かしくも新しい雰囲気に仕上がっているぞ。

 本機はART「ギガパーRUSH」を搭載。1セット30ゲーム+α継続、1ゲームあたりの純増枚数は約1.9枚(ボーナス含む)となっている。ART突入のメイン契機はボーナスからで、「おしおきチャンス」(純増約60枚)中に「おしおきポイント」を100ポイント獲得orREG(純増約30枚)中の「おだてチャンス」成功で突入。ボーナスは獲得枚数が少ないものの、合成確率は設定1でも129分の1と非常に高く、ARTのトリガー的な役割となっている。

 ART中は「追跡モード」と呼ばれるモードがメインで、登場メカによって継続期待度を示唆している。継続期待度は「ヤッターワン」→「ヤッターペリカン」→「ヤッターワンとヤッターペリカンが合体」の順にアップ。なお、ART中におしおきチャンスに当選した場合は名称が「BIG」となり、純増枚数が3倍の約180枚に。更にBIG中は「オモチャンス」によるARTストック抽選も行なわれるので、大爆発のチャンスとなるのだ。
チャンス役成立時はボーナス同時成立のチャンス。同時成立期待度は「リプレイ→ベル→弱チェリー→スイカ→チャンスリプレイ→チャンス目→3連チェリー」の順に高くなる。
3つの特別モードが更なる爆発を呼ぶ!
最終決戦メカバトルでは、ヤッターキングとドロンキングが対決。ヤッターキングが勝てば最終決戦モード継続だ。ドロンキングの必殺技は敗北のピンチだが、ヤッターキングが必殺技を繰り出せば激アツとなる。各メカの技に注目しよう。
 本機のARTは、大爆発必至となる3つの特別モードを搭載。ART中にカットインが発生すると紫7揃いのチャンスとなるのだが、ここで紫7が揃うと「無敵モード」と呼ばれる特別モードに突入する。無敵モード中は紫7揃いの確率が大幅にアップ。揃う度にARTセット数が上乗せされるぞ。ダブルラインで揃えば大量ストックの期待大! 無敵モード中のボーナス当選も上乗せ確定!? 「???」出現で終了のピンチとなるが、自力で押し順を当てれば(正解時はリプレイが揃う)継続に!?

 ART中に当選したREG中は「ドラゴンチャンス」が発生(獲得枚数は通常時と同じく約30枚)。ドラゴンチャンスに成功すると、特別モードの「ドラゴンモード」に突入する。こちらはセット数ではなくゲーム数の上乗せモードで、ハズレ以外の全役でゲーム数を上乗せする。無敵モードと同じく、「???」出現で終了のピンチに。こちらは自力で押し順を当ててベルが揃うと継続に!?

 3つ目の特別モードが、プレミアムモードである「最終決戦モード」。突入契機は不明だが、一度突入すれば次回REG当選まで継続する。BIG当選では終了しない上に、仮にREG当選しても、REG中に発生する「最終決戦メカバトル」に勝利すればモード継続となるのだ。
(C)タツノコプロ・読売テレビ 2008