サンセイR&D CR牙狼魔戒閃騎 鋼XX
新生「魔戒チャンス」、ここに誕生!
初代に引けをとらない圧倒的な出玉感!
 かつて脅威の連チャンで多くのプレイヤーを虜にした、「魔戒チャンス」を搭載した新機種として話題を集めた『CR牙狼魔戒閃騎 鋼XX』が遂にホールデビューを飾る。まず注意したいのが、本機の魔戒チャンスは名称こそ初代『CR牙狼XX』と同じであるものの、その役割は大きく異なるという点。定番の「1stバトル」で牙狼が敵の攻撃に耐えることで獲得できるエクストララウンドとなっており、続いて魔戒チャンスアタッカー開放→Vゾーン入賞という流れを経て確変突入となる。一見すると複雑なイメージを受けるが、実際は難しい手順は必要なくただ右打ちを継続するだけで簡単に確変突入までのルートを辿ることができる。実際にプレイすれば、全く違和感なくバトル演出を楽しむことができるハズだ。

 バトル勝利後に突入する「真魔戒RUSH」は145回の電サポ付きST(継続期待度は約77%)で、ホラーを撃破すれば大当り。電サポ中の大当りは全てが約2000個の出玉を獲得できる16ラウンド確変大当りとなるぞ。撃破期待度は登場するホラーや牙狼の攻撃で変化し、ホラーは危険度が低いものが出現すればチャンス。牙狼の攻撃は咆哮渦炎→光翼天招→英霊進軍の順に強力になっていく。

 真魔戒RUSH中に登場するホラーからもわかるように、本機はテレビシリーズ最新作「牙狼〜MAKAISENKI〜」をベースとした演出が盛り込まれている。通常時の演出にも大きく手が加えられており、その中でも全てが新規撮り下ろしとなった「牙狼SPリーチ」や、ゼロとダンが活躍する全4種の「魔戒騎士リーチ」といった高信頼度を誇るリーチアクションの数々には特に注目したい。
「1stバトル」敗北時には約1600個の出玉と100回転の時短を獲得できる。この場合も「真魔戒RUSH」に突入するが内部的には通常状態で、電サポも100回転で終了してしまう。
(C)2005 雨宮慶太/Project GARO (C)2006 雨宮慶太/東北新社・バンダイビジュアル (C)2010-2011 雨宮慶太/東北新社