SNKプレイモア ドラゴンギャル〜修羅の野望〜
ムイムイがさらなる成長を遂げて大活躍!!
通常時におけるAT当選契機は3種類!
 SNKプレイモアを代表するコンテンツ「ドラゴンギャル」シリーズの最新作が満を持して登場。本機は異なる性能を持つ2種類の高純増AT「闘BONUS」と「天RUSH」を搭載し、これらが織りなす多彩なゲーム性が魅力のマシンとなっている。

 AT当選契機は「ゲーム数解除」「ドラゴンチャンス」「レア役での直撃当選」の3つで、ゲーム数解除のみ闘BONUS専用契機となっている。前兆である「修行モード」に突入すれば、ゲーム数解除のチャンスとなるぞ。なお、天井ゲーム数は滞在モードによって異なり、「通常Aモード」&「通常Bモード」なら1280ゲーム、「天国モード」なら100ゲームとなっている。1000ゲームを超えての闘BONUSは高継続率が選択されやすい特徴があるので、ハマリ台は狙い目だ。

 ドラゴンチャンスは自力解除ゾーンで、10ゲーム間で引いた小役(ハズレ含む)で「龍玉」獲得の抽選が行われる。消化後は貯まった龍玉の数だけ「開門チャレンジ」が発生し、龍之門を開くことができればAT突入となるぞ。基本的にレアな小役ほど解除期待度が高く、7つ貯めることができれば龍玉の種類を問わずATが確定する。

 レア役での直撃当選は「弱チェリー・スイカ」→「強チェリー・強ベル・チャンス目」の順に期待できるが、AT契機として占める割合は少ないので過度の期待は禁物だ。ただし、中段チェリー・純ハズレ・覚醒リプレイといったプレミアムフラグは問答無用でAT直撃となっているぞ。
フリーズが発生する純ハズレと覚醒リプレイは、闘BONUSだけでなく「超天RUSH」も確定する超プレミアムフラグとなっている。
仕様の異なる2種類のATが複雑に絡み合う!
天RUSH中はゲーム数解除が有効で、解除時は連続演出を経て闘BONUSに当選。この場合は闘BONUS終了後に残りの天RUSHを消化する。このループも本機の魅力の1つだ。
 闘BONUSは1セット30ゲームで、継続率管理のバトルAT。継続率は50・60・70・80・90%の5種類あり、ラスト10ゲームで展開される「闘バトル」でムイムイが負けなければ継続となる。闘BONUS中は全小役で天RUSHの抽選が行われ、当選時は主に前兆経由のカットインから青7が揃って告知されるぞ。

 そして、天RUSHは1セット基本40ゲーム、セット数管理でゲーム数上乗せが特徴のATとなっている。レア役成立時は主にゲーム数上乗せが期待でき、直乗せの他に「ムイムイチャレンジ」を経由して上乗せされる場合も。ムイムイチャレンジでは敵キャラとのバトルが展開し、勝利すればゲーム数上乗せもしくは特化ゾーンに突入する。

 その特化ゾーンは「ドラゴンモード」と「超天RUSH」の2種類があり、どちらも強力な上乗せ性能を有している。ドラゴンモードは青7揃いの超高確率ゾーンで、青7が揃えばゲーム数上乗せが確定。さらに「昇龍チャンス」に発展する可能性もあり、発展した場合はリールアクションによる上乗せが追加される。そして、もう1つの特化ゾーンである超天RUSHはさらに圧巻で、天RUSHストック・闘BONUSストック・ゲーム数上乗せ、全てを乗せる究極ゾーンとなっているぞ。
(C)SNK PLAYMORE ※「龍娘」「ドラゴンギャル」は株式会社SNKプレイモアの登録商標です。
パチンコ・パチスロ機種検索
パチンコ パチスロ
機種名