SANKYO CRフィーバー機動戦士ガンダム− V作戦発動−
ライトミドル+特殊スペックでMAXの牙城を崩す!!
今回の「G-RUSH」は突入率も優秀!
 専用筐体と圧倒的なスペックで好評を博した『CRフィーバー機動戦士ガンダム』のシリーズ第2弾が登場。本機は単純明快な前作とは異なり、少々特殊なスペックが特徴となっている。

 大当り時は約75%の割合で「G-RUSH」に突入し、電サポ中の大当りは必ずG-RUSHが継続。電サポは基本100回となっており、終盤の演出に成功すれば次回まで継続の「G-RUSH∞」に突入することも。G-RUSH突入時の平均継続率は約85%と高く、大当りの60%は16ラウンドとなっている。

 また、本機にはリミッターが搭載されており、到達時は時短100回の状態へと移行する。ここで引き戻すことができれば初回G-RUSH突入となり、再びリミッター到達までの連チャンが期待できるぞ。なお、G-RUSH非突入の大当りやG-RUSH終了後は潜伏確変の可能性もあるので注意が必要だ。
「V作戦チャレンジ」は4ラウンド大当りとなっており、消化中は役モノと連動した演出が発生。見事V入賞すればG-RUSHに突入する。失敗した場合は潜伏確変の可能性アリ。
赤い彗星で楽しむことも可能に!
G-RUSHのモードは大当りラウンド後にチャンスボタンで選択できる。これでジオン派も報われる!?
 G-RUSHは「連邦軍モード」と「ジオン軍モード」のいずれかを選択でき、予告やリーチだけでなく役モノも専用の演出に変化。連邦軍モードは前作を踏襲した「ステージ攻略型」となっており、ステージ毎に出現する敵モビルスーツが異なるのが特徴だ。敵の種類によって勝利期待度が変化し、シャア専用機であればチャンスとなる。また、バトル開始時は援護成功で勝利となるため、援護モビルスーツが重要な役割を果たす。ガンキャノンならチャンス、ホワイトベースなら勝利濃厚となるぞ。

 一方、ジオン軍モードは宿敵ガンダムとの一騎打ちが展開され、シャア勝利で大当りとなる。シャア専用機の種類が重要で、ザク<ズゴック<ゲルググ<ジオングの順に勝利期待度がアップ。連邦軍モードと同様に援護モビルスーツも重要で、いつもと違うモビルスーツが出現すればチャンスとなるぞ。

 なお、ラスト5回転は「∞絵柄演出」が発生し、成功すれば電サポ次回までのG-RUSH∞に突入する。G-RUSH∞中は演出が変化し、7絵柄テンパイや「全回転リーチ」で歓喜の瞬間を演出してくれるぞ。
▼ メニュー [CRフィーバー機動戦士ガンダム− V作戦発動−]
(C)SOTSU・SUNRISE