SNKプレイモア ドラゴンギャル〜双龍の闘い〜
10年の時を超えて、宝玉を集める旅が再び始まる!
通常時、AT中共に宝玉を集めて出玉を掴め!
 SNKプレイモアのパチスロ参入当初に発表され人気を博し、それ以降も2機種が発表され、ホールを賑わせてきた「ドラゴンギャル」シリーズの最新作『ドラゴンギャル〜双龍の闘い〜』が4作目として登場。出玉増加は「新・龍娘的AT」と銘打たれた「双龍乱舞」が担っており、1セット50ゲーム、1ゲームあたり約2.5枚純増で様々な上乗せ契機を搭載したAT機となっている。

 通常時は原点回帰として、初代『ドラゴンギャル』の際に好評だった「宝玉システム」が復活。宝玉を貯めて、AT自力抽選CZ「ムイムイチャレンジ」でのAT突入を目指す。宝玉の数だけチャンスが拡がるため通常時も気を抜くことはできない。またAT中の上乗せ「功夫バトル」でも宝玉の数だけチャンスがあるため宝玉をいかに貯められるかが勝利の鍵を握っている。

 その他にも様々な新たな機能も搭載されており、通常時はもう1つのCZ、赤7揃い高確率の「双龍チャレンジ」、AT中は一定ゲーム数レア小役が出現しなかった場合に起こる「強制レア小役システム」、そしてAT中最大の強敵・黄金龍(ホアンロン)を倒すことで突入する全ての上乗せ性能がアップする「上乗せ強化システム」と、新要素が随所に散りばめられている。またATのゲーム数を消化しても新・龍娘的ATは終わらない。継続バトル「剛狐を倒せ!」に発展して勝利すればセット継続。さらに突入すれば50ゲーム以上の上乗せが確定する上乗せ特化ゾーン「金の卵チャンス!」の可能性もあり、最後の最後まで期待の持てるゲーム性となっている。
宝玉と連動する「宝玉回転体」、咆哮すればチャンスの「黄金龍の咆哮」、リール上部の「双龍変化」、上部液晶と連動するパネル部分の「ダブル液晶」と、SNKプレイモア史上最多の可動役モノを搭載した専用筐体「金色の龍王」が遊技を盛り上げる!
(C)SNK PLAYMORE CORPORATION ALL RIGHTS RESERVED.
機種関連NEWS
パチンコ・パチスロ機種検索
パチンコ パチスロ
機種名