SNKプレイモア ドラゴンギャル〜双龍の闘い〜
mixiチェック
ドラゴンギャル〜双龍の闘い〜
(C)SNK PLAYMORE CORPORATION ALL RIGHTS RESERVED.
役構成
見た目上の配当の一部となります。
双龍乱舞(REPLAY)
7枚
1枚
上・下段1枚/中段REPLAY
REPLAY
REPLAY
設定 AT初当たり確率 機械割
1 1/499.7 97.6%
2 1/467.6 98.9%
3 1/435.2 100.8%
4 1/388.4 104.5%
5 1/343.2 109.2%
6 1/281.9 114.3%
天井
★AT間1616ゲーム

上記のゲーム数(+前兆)でAT確定
もっと見る
ペナルティ
通常時に変則押しをするとペナルティが発生する可能性アリ
大阪府公安委員会検定通過状況(2014年12月19日付)
SNKプレイモア/2015年5月導入開始/設置期限2017年12月/5号機
  10年の時を超えて、宝玉を集める旅が再び始まる!
  機種コメント
宝玉を集めるほど期待度が高まっていく初代『ドラゴンギャル』のゲーム性が、シリーズ最新作『ドラゴンギャル〜双龍の闘い〜』にて復活を遂げた。通常時は宝玉絵柄揃いを引いて宝玉を集めつつ、規定ゲーム数の消化やレア小役からチャンスゾーン「ムイムイチャレンジ」への突入を待とう。ムイムイチャレンジはAT「双龍乱舞」のメイン当選契機の1つで、宝玉の所持数に応じて勝利期待度が16〜100%にアップしていく。対して、宝玉が少ない時にはもう1つのAT当選契機である「双龍チャレンジ」(期待度52%)への突入に期待。10ゲーム+αの間に赤7揃いでAT突入となるこのチャンスゾーンは、宝玉の所持数が少ないほど当選率がアップするという特徴アリだ。一方、AT中の宝玉は1セットが1〜3ゲームの毎ゲーム上乗せチャンス「功夫バトル」にて、セット継続&上乗せ確定という恩恵をもたらしてくれる。また、AT中のバトル演出には宝玉高確率状態の「天ステージ」限定で発生する黄金龍とのバトルも存在し、見事打ち倒せばレア小役やバトルでのゲーム数上乗せ、赤7揃いによるセット数上乗せなどあらゆる上乗せ契機が強化された「黄金龍同行状態」となるぞ。
  通常時の演出
ムイムイチャレンジ

双龍チャレンジ

ロングフリーズ

もっと見る  
  
  AT中の演出
覚醒RUSH

もっと見る  
  通常時の打ち方
左リール枠内にチェリーを狙う
もっと見る
  チャンスフラグ詳細

  QRコード