高砂 ガン×ソード
高ループの復讐完遂型AT「REVENGE BATTLE」を搭載!
32ゲーム毎にチャンス到来! 4種類の周期モードが存在!!
 2005年にTV放送されたロボットアニメ作品「ガン×ソード」のパチスロが高砂より登場した。本機はAT「REVENGE BATTLE」を搭載したAT特化タイプとなっている。主なAT当選契機は「周期による抽選」「レア小役による直撃」「自力CZによる自力当選」の3つ。通常時にレア小役が成立すると、AT直撃または自力CZ突入の2つが期待できるぞ。

 自力CZは2種類存在し、「エルドラCHALLENGE」はリプレイ・ハズレ以外の全役でポイントを獲得。最後にフリーズ発生orバトル勝利でATへ突入する!? AT当選期待度は約40%だ。ベル揃い時はエルドラVのメンバーが最低1人以上参戦。メンバーが5人集結してもAT当選が確定する!? もう1つの自力CZである「幸せの時」はBAR揃い高確率状態となり、BARが揃えばAT突入!? AT当選期待度は約55%と、エルドラCHALLENGEよりも高い上にBAR揃い時のATは継続率91%以上となるので、突入しただけで大チャンスの自力CZとなっている。

 周期抽選に関しては、32ゲーム毎にATを抽選。周期モードは32ゲーム、64ゲーム、128ゲーム、256ゲームと全4種類存在し、それぞれAT当選期待度の高い周期が異なる(例:64ゲーム周期なら64ゲーム毎がチャンスとなる)。ただし、いずれの周期モードに滞在していても32ゲーム毎の周期抽選は行なわれているぞ。現在どの周期モードに滞在しているかは外見からわからないが、周期到達時に「リールロック」や「エピソード演出」などが発生してハズれた場合は、その周期モードに滞在している可能性が高くなる(例:256ゲーム到達時に同演出がガセった場合は、256ゲーム周期モード滞在の可能性アップ)。各周期モードのアツいゲーム数はボタンプッシュで表を確認できるのでチェックしておこう。
AT中の継続バトルで敵の攻撃を受けた場合は、「最終ゲームの第3停止ボタンを離した瞬間」の役モノに注目。役モノの目が光っていれば継続が確定する!? もちろん光っていなくても継続のチャンスはあるぞ。
AT継続率は最低でも77%! 最大は98%!!
AT終了画面(獲得枚数などが表示される)で十字キーを「上上下下左右左右」と押してからチャンスボタンを押すと、これまでのAT継続モードが告知される(S…98%、A…95%、B…91%、C…84%、D…77%)。コマンドを入力してもモード表示が「?」のままだと復活確定!?
 AT・REVENGE BATTLEは、ゲーム数上乗せがない代わりに高継続率を実現させたループタイプATで、その継続率は77or84or91or95or98%の全5段階。1セット18ゲーム継続し、1ゲームあたりの純増枚数は約2.8枚に。AT継続率は突入時に揃う絵柄によって異なり、赤7揃い時は77%以上、青7揃い時は84%以上、BAR揃い時は91%以上となっている。

 ATの残りゲーム数が8ゲームになると継続バトルが発生。ここで自キャラが負けなければ次セット継続だ。7の倍数のセット数では「継続率アップを抽選&次回継続確定」となっており、7セット毎に敵キャラが「ガドヴェド・ガオード→ウィリアム・ウィル・ウー→カロッサ&メリッサ→ファサリナ→ミハエル・ギャレット→カギ爪の男」の順に変化。50連オーバー時にATが終了するとスペシャルエンディングが流れる。なお、敵キャラの変化に伴ってAT中のBGMも変化するが、BGMの変化は次回継続か否かとは無関係なので注意しよう。

 AT中に「カギ爪絵柄を狙え!!」が発生してカギ爪絵柄が揃うと、自キャラが無敵状態になる「OVER FLOW」へ突入。OVER FLOWは3セット継続の保証があり、以降は50%でOVER FLOWの転落を抽選している。なお、OVER FLOWはカギ爪絵柄揃い時以外にも当選することがあり、継続バトル発展時にいきなり突入するパターンも存在するぞ。
(C)2005 AIC・チームダンチェスター/ガンソードパートナーズ(C)TAKASAGO ELECTRIC INDUSTRY