高砂 サイレントヒル
独特の世界観を持つ名作ホラーゲームがパチスロとなって登場!
3種類の擬似ボーナスとAT「ナイトメアラッシュ」を搭載!
 1999年に第1作が発売された、ホラーゲームの金字塔「サイレントヒル」シリーズがパチスロとなって登場した。本機はシリーズ2作目の「サイレントヒル2」を踏襲。AT「ナイトメアラッシュ」と擬似ボーナスを搭載したAT特化タイプとなっているぞ。

 通常時にレア小役が成立すると、自力CZの「エスケープチャレンジ」or擬似ボーナスorAT突入のチャンス。初当りは擬似ボーナスがメインで、ATは主にボーナス中に突入を抽選している。エスケープチャレンジ突入時は、まず規定ゲーム数が告知され、完走できればボーナスorAT当選となる。リプレイ成立時が終了のピンチで、敵によって危険度を示唆。危険度は「クリーパー<バブルヘッドナース<レッドピラミッドシング」の順に高くなる。レア小役が成立すると霧が出てきて無敵状態に突入!? 霧が虹色なら超チャンス!?

 自力CZ以外にも、前兆ステージである「サイレントゾーン」に移行すればボーナスorAT前兆のチャンス!? 最後はクリーチャーバトルに発展し、勝利できればボーナスorAT(ボーナスがメイン)濃厚だ。ボーナスは「SUPER BIG(純増約100枚)」「BIG(純増約100枚)」「REG BONUS(純増約50枚)」の3種類が存在し、いずれも差枚数管理となっている。SUPER BIGは当選した時点でAT確定!? BIG中はエビルアイ絵柄が揃えばAT濃厚に。REG中はリプレイ連or3枚ベルでATを抽選しているぞ。
(SUPER)BIG中に成立するレア小役はチャンス目のみとなる。チャンス目成立後はエビルアイ絵柄揃いのチャンスだ。他にもリプレイ連や3枚ベルでもエビルアイ絵柄揃いを抽選しているぞ。
「スーパーナイトメアラッシュ」と「クリーチャーパニック」は大量上乗せの期待大!
本機は怪奇現象頻発によってレア小役の到来を示唆している。怪奇現象は多彩なパターンが存在し、「霧が発生」「エビルアイが動く」といったパターンの他にも、リールの動きや停止ボタン、払い出しなどでも変化が起こるようだ。これらが頻発したらレア小役出現に期待しよう。
 AT「ナイトメアラッシュ」は、1セット50ゲーム+α継続、1ゲームあたり純増約3.0枚となっている。レア小役成立時はゲーム数直乗せやボーナス、上乗せ特化ゾーン突入のチャンスとなる。一契機による最大上乗せゲーム数は300ゲーム。上乗せ特化ゾーンは全3種類が存在する。「パンデミックゾーン」は毎ゲームレア小役が成立&上乗せが発生。最低5ゲーム継続し、以降は毎ゲーム転落を抽選している。レバーの目が赤いor第3停止でレッドピラミッドシング出現はチャンス。第3停止でジェイムスが登場すると終了のピンチとなる。

 最強の上乗せ特化ゾーン「スーパーナイトメアラッシュ」は、1セット5ゲーム継続。全役で上乗せが発生する上に、セット継続の概念もアリだ。5ゲーム目がレア小役なら継続が確定する!? さらに終了後はSUPER BIGが当選、と大量上乗せ必至の特化ゾーンになっている。パンデミックゾーン、スーパーナイトメアラッシュの突入契機は主にAT中だが、通常時やエスケープチャレンジから突入することもあるぞ。

 ボーナス中も上乗せ特化ゾーンが用意されており、「クリーチャーパニック」はエビルアイ絵柄揃い後にフリーズが発生すれば突入。最大継続率90%でエビルアイ絵柄揃いが0G連し、揃うたびにゲーム数を上乗せする。上乗せゲーム数は10ゲームからスタートし、最大300ゲームまでランクアップ。終了と見せかけて復活するパターンが起こると必ずランクアップ!? ランクが転落することはないので、ヒキ次第では3桁上乗せが90%ループするという夢のような状況も起こり得る!?
(C)Konami Digital Entertainment (C)TAKASAGO ELECTRIC INDUSTRY