サンセイR&D CR牙狼魔戒ノ花XX
王道の牙狼スペックで歴代最強の黄金騎士が降臨!!
今回は「1stバトル」に敗北してもSTの可能性アリ!
 初代『CR牙狼』から早7年。スピンオフ作品も含めれば10作が登場した「牙狼」シリーズに『〜魔戒ノ花』が参戦。スペックは王道のMAXロングST機で、前作『〜金色になれ』に比べ、ST突入率が若干アップしている。

 本機の大当り確率は約399.6分の1で、確変中の大当り確率は109.77分の1となる。通常時からのST突入率は53%と前作より上昇しており、STは161回転まで継続する。初当り時は主に「1stバトル」が展開され、「ギル」とのバトルで、先制攻撃か危機回避に成功すれば「魔戒チャンス」獲得となる。ここまでは今までの「牙狼」シリーズと大きな変化はないが、今作は敗北した後に時短モード「真魔戒RUSH」へ突入しても、内部STの可能性が残っている点に注目だ。通常は1stバトルに勝利すれば「心滅RUSH→真魔戒RUSH→ラストチャンス」と展開され、滞在中は常にSTとなる。敗北時は「真魔戒RUSH→ラストチャンス」となり、基本的には時短モードなのだが、真魔戒RUSH中に「呀モード」へ突入すれば、残り回転数がホールドされ、実質ST状態であることを意味するぞ。

 電サポ中の演出はモードによって異なり、心滅RUSHは役モノ演出メイン、真魔戒RUSHはバトルメイン、ラストチャンスは即当りメインという特徴を持つ。なお、心滅RUSH中は「牙狼剣リーチ」が重要で、液晶上にエンブレムが出現し、牙狼剣も出現すればチャンス到来だ。祈りを込めて牙狼剣を操り大当りを掴み取ろう。また、真魔戒RUSH中は対戦ホラーの危険度とガロの形態に要注目。バトル中のガロが「心滅or光覚獣身ガロ」に変身すれば大当りは目前となる。
1stバトルは「パチプラス」を使用すれば、歴代ホラーとのバトルにカスタマイズできる。出現するホラーは「魔戒樹<グラウ竜<森のホラー熊」の順に勝利期待度がアップする。
「フェイスオブガロ」が進化を遂げて復活!!
朝だけの限定モード「朝GARO」を新搭載。モード中限定の「鋼牙VS零リーチ」へ発展すれば激アツ必至だ。ただし、演出の有無はホールによって異なるので注意しよう。
 『CR牙狼FINAL』に搭載されていた「フェイスオブガロ」が劇的進化を遂げて復活を果たした。従来通りフェイスオブガロの可動で信頼度がアップするのはもちろんのこと、完成後にボタンをプッシュすれば色が変わる仕様だ。変化する色の種類は豊富で、赤色やレインボーに輝けば信頼度がさらに急上昇する。また、リーチ発展時の「鎧召還演出」で、フェイスオブガロ可動後に画面が暗転して、「ローリング駆動」とフェイスオブガロが合体した「ライトニングフェイスオブガロ」が突如発動することがある。ライトニングフェイスオブガロは「パーフェクトフェイスオブガロ」を召還するので大チャンス間違いナシだ。

 そして、今作のもう1つの注目ポイントが、歴代最強と謳われる黄金騎士「冴島雷牙」の「心滅獣身ガロ」と「光覚獣身ガロ」の2種類の獣身形態だ。心滅獣身ガロは、召還時間を過ぎた鎧の暴走状態で、「心滅ゾーン」や「心滅リーチ」で登場する。心滅獣身ガロ登場中はいかなる時も大チャンスとなるので、覚えておこう。次に光覚獣身ガロだが、こちらは心滅を克服したガロの最強形態で、「牙狼SPリーチ」中などで登場すれば超激アツとなる。今作の勝負の鍵を握るのは、心滅と光覚獣身ガロと言っても過言ではないぞ。

 激アツポイントであるフェイスオブガロと心滅&光覚獣身ガロを押さえておけば、より一層本機を楽しめ、勝利へ近づくことができるだろう。
(C)2005 雨宮慶太/Project GARO (C)2006 雨宮慶太/東北新社・バンダイビジュアル (C)2011 「呀」雨宮慶太/東北新社 (C)2013 「桃幻の笛」雨宮慶太/東北新社 (C)2010-2014 雨宮慶太/東北新社
パチンコ・パチスロ機種検索
パチンコ パチスロ
機種名