清龍ゲームジャパン トリプルクラウンG−30
高ベースとボーナスHIT率を徹底追求!
バットが光ればボーナス確定!
 主に沖縄県で絶大な人気を誇る「トリプルクラウン」シリーズの9作目が、ボーナスの当りやすさと通常ゲーム中のベースを追求した新スペックで登場した。筐体については前作からさほど変化していないが、赤7が格段に見やすくなったため、初心者でも簡単に目押しできる仕様になっている。

 気になるボーナス合成確率は190.39分の1〜142.38分の1(設定1〜6)となっており、設定3から機械割が100%を超える。設定推測に関しては基本的に合成確率を重視して問題ないが、BIGよりREG確率に差があるので立ち回りの際はREG出現率に注目していこう。

 ボーナス告知方法は、これまで同様にレバーONでバット型の「CHANCEランプ」が光る先告知タイプで、ノーマル点灯以外ならBIGが確定。また、告知ランプ点灯以外にもリール消灯やリール停止音の変化、フリーズ系演出といったプレミアム演出も多数搭載されている。なお、ボーナス獲得枚数はBIGが純増約312枚、REGが純増約104枚となっている。
通常ゲーム中のベースは1000円あたり約38.2ゲームとかなり高いため、まったり長く遊技できるだろう。
▼ メニュー [トリプルクラウンG−30]
機種基本情報
ゲーム情報
演出
パチンコ・パチスロ機種検索
パチンコ パチスロ
機種名