ニューギン CR真・花の慶次2
慶次もキセルも画面を飛び出す!? 驚異の3D演出を搭載!!
確変は転落タイプでいつまで続くか分からない!
 ST機として今なお高い評価を誇る『CR真・花の慶次シリーズ』に待望の後継機が登場! 本機『CR真・花の慶次2』は、ST機ではなく、確変転落抽選タイプのマシンだ。確変に突入しても、転落抽選に当選してしまうと通常状態へ転落。つまり、転落抽選に当選する前に、大当りを引けるかどうかが確変連チャンの鍵を握る仕様となっている。

 通常状態に転落するとはいっても、電サポに関しては即終了する訳ではない。確変「真・RUSH」突入時は、まず100回の電サポがセットされ、この間に通常に転落してしまっても、電サポは必ず100回継続するのだ(転落後の電サポ=時短状態)。そして、100回消化時にまだ確変だった場合は、101回転以降も電サポは継続。以降は、通常に転落すると同時に電サポも終了する。

 さらにスペック面で特徴的なのが、電サポ大当りは全て16ラウンド確変となる点だ。たとえ時短中であっても、大当り=16ラウンド確変となるので、時短で引き戻した時の価値は他機種に比べて高くなっている。転落抽選に漏れ続ければ、一気に大量出玉を獲得することも十分可能だ。

 そして、本機最大の目玉となるのが、3Dシステムを追求して生まれた視覚効果である。躍動感溢れる慶次やキセルが、まるで液晶画面から飛び出してくるかのような演出群には、度肝を抜かれること間違いなし! もちろん、今作でもゲーム性が異なる3種類の「真・RUSH」を選択できるので、各RUSHならではの演出を思う存分堪能しよう。
今作でも様々なシーンで発生する金系演出は、もちろん大チャンス! 複数の金系演出が絡むこともある。
(C)隆慶一郎・原哲夫・麻生未央/NSP 1990,版権許諾証 YCA-239