A-gon CR RAIZINMAN 1200×α
7セグによるデジタル抽選と3段クルーンによるアナログ抽選が融合!
複数の玉が一気に3段クルーンへ押し寄せる様は圧巻!
 手打ち式パチンコなどレトロな機種を送り出してきたA-Gonより、『CR RAIZINMAN 2000×α』と『CR RAIZINMAN 1200×α』の2機種が登場した。本機は7セグと3段クルーンの2つにより大当りを2段階で抽選。一撃で大量出玉獲得も狙える、夢のあるスペックとなっているぞ。

 通常時は、盤面上部に「ここを狙え」の矢印があるので、その指示通りにブッコミ付近を狙って玉を打ち出そう。玉は基本的に盤面右側へ流れ、「GO」と書かれたチャッカーに入賞すると7セグデジタルが変動。奇数のゾロ目で止まれば小当りに当選し(小当り確率は約5分の1)、盤面上部の上アタッカーが開放する。開放回数は揃った図柄によって異なり、7なら7回、1 or 3 or 5 or 9揃いなら1回開放。そのままブッコミ付近を狙って、できるだけ多くの玉を拾わせよう。なお、7揃いの割合は『〜2000×α』が12%、『〜1200×α』が15%だ。

 上アタッカーに入賞した玉はすべて貯留され、一斉に3段クルーンへと落下する。ここからの抽選は完全ガチのアナログ抽選だ。各クルーンには3つの穴が開いており、奥の「NEXT」へ入賞すると下のクルーンへと進行。最下段のクルーンまで進めば大チャンスとなり、奥の「V」と書かれた穴に玉が入れば見事大当り! 「雷神ボーナス」当選となる。大当り時は盤面右下のアタッカーが開放するので、右打ちで消化しよう。大当りラウンド数は『〜2000×α』が16ラウンド、『〜1200×α』が10ラウンド継続。どちらも消化後は「イナズマルーレット」が発生し、ランプが「チャンス」の箇所で止まれば最大5回(時短3回+保留2回)の時短モード「雷神チャンス」へ突入するぞ。突入率は『〜2000×α』が51%、『〜1200×α』が65%となっている。

 雷神チャンス中も通常時と同じく、盤面上部の「ここを狙え」矢印を狙おう。この間は7セグ上で必ず7が揃う上に、上アタッカー開放回数が13回にアップ。大量の玉をクルーンにブチ込むことができるぞ(上アタッカー開放時は、通常打ちに切り替える必要があるので注意)。ここからは通常時と同じく、3段クルーンをクリアしてV入賞できれば大当りだ。雷神チャンス中の大当り後は、必ず雷神チャンスへ再突入するので、ロングループが狙えるぞ。
7セグ変動時に「ピュイ」という予告音が発生するほどチャンス。2回で「泡演出(泡の音が発生&ランプが青く光る)」が、3回で「虹演出(ハープ音が発生&ランプがレインボーに発光)」が発生する。なお、保留3以上だと、「7セグの左に奇数図柄停止」、または「泡演出以上発生」で小当り濃厚となる。
▼ メニュー [CR RAIZINMAN 1200×α]
機種基本情報
ゲーム情報
演出
分析情報
パチンコ・パチスロ機種検索
パチンコ パチスロ
機種名