パオン・ディーピー クレアの秘宝伝 女神の夢と魔法の遺跡
どこまでも打ち込める「クレアの秘宝伝シリーズ」第3弾が登場!
今度のクレアはRT中だけでなく、通常時&高確率中の演出もカスタム可能!
 作りこまれた膨大な演出群や、大都技研歴代の人気機種をモチーフとした演出を選べるRTなどが高い人気を呼び、今なおホールで現役可動中の『クレアの秘宝伝 眠りの塔とめざめの石』。その後継機種『クレアの秘宝伝 女神の夢と魔法の遺跡』が、新メーカー「パオン・ディーピー」より登場した。「クレアの秘宝伝シリーズ」としては本機が3作目となる。

 スペックに関しては前作を継承したボーナス+RTマシンで、2種類のBIGと1種類のREGを搭載。BIGは同色図柄揃いだと最大302枚、異色図柄揃いだと最大203枚獲得可能で、どちらも消化後に30ゲームのRTへ突入する。RT中はメダルを減らさずに次回ボーナス当選が狙えるぞ。REGに関しては最大105枚獲得可能だ(RT突入はナシ)。

 RT中の演出は、大都技研の名機をモチーフとした演出モードを選択可能。基本となる「クレアRT」、そして「番長RT、鏡RT、吉宗RT、SHAKE RT、政宗RT、忍魂RT、ギラギラ爺サマーRT」に加え、特定条件を満たすと開放されるシークレットRTも存在する。さらに今回は通常時の演出もカスタム可能で、基本である「クレアの秘宝伝」以外に「押忍!番長」 「吉宗」 「SHAKE」 「政宗」 「忍魂」 「ギラギラ爺サマー」の6つを搭載。朝イチ状態だと「クレアの秘宝伝」と2つのカスタムが開放されており、他のカスタム開放はボーナスがポイントとなる。

 前作からの変更点として、チャンス目成立時の一部で10ゲームのプチRTへ突入するようになった。プチRT突入時は前兆を経て「高確率」へ突入し、ボーナス当選のチャンスとなるのだが、前述の実機カスタムで他の機種を選んでいると、高確率中の演出が全く異なるものに変化。押忍!番長なら「特訓」、政宗なら「愛姫演舞」と、元の機種をモチーフとした演出が楽しめるのだ。

 通常時にメイン画面で発生する連続演出などは全カスタム共通で、期待大となるチャンス演出は「冒険カットイン演出」 「PUSH演出」 「クレア変身演出」の3つ。これらが発生すれば高確率突入&ボーナスの期待大!? 連続演出に関しては大別して3パターン存在し、「ミッション」 → 「VSライバル」 → 「VSボス」の順でチャンスとなる。特に「VSボス」発展時は期待大だ。
コレクション機能を使用すると、獲得した「実機カスタム」 「楽曲」 「ストーリー」の引き継ぎが可能。遊技終了時に「OKボタン」を押してメニューを開き、「パスワード入力・発行」を選んで、「パスワード発行」を選択する。表示されたパスワードを控えたら、次回遊技時に「パスワード入力」を選んで入力しよう。
(C)DAITO GIKEN,INC.
パチンコ・パチスロ機種検索
パチンコ パチスロ
機種名
ユーザー更新情報